アクト・オブ・バイオレンス|あらすじ/ネタバレ/感想を網羅!

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

残された時間は24時間!

悪の組織に囚われた花嫁を救うため、強い絆で結ばれた三兄弟が立ち上がる!

豪華キャスト出演のアクション作品『アクト・オブ・バイオレンス』のあらすじです。

※ネタバレ含みます。

出展:https://eiga.com/

【アクト・オブ・バイオレンス あらすじ】

長男の『デクラン』はアフガニスタンの戦場で戦った退役軍人です。

その頃に受けたショックから今もセラピーに通っていますが、なかなか傷が癒えません。

自分でも理解しているようですが、デクランはとても怒りっぽい性格になっていました。

刑事のエイヴリーはある組織の捜査をしています。

怪しげな男達の後をつけ、倉庫のようなところに入ると女性達が囚われていました。

そして、エイヴリーが捜査していたとみられる女性の死体が発見されます。

しかし、そのアジトを仕切っていた男が死亡したため、事件の真相まで辿り着くことができませんでした。

エイヴリーはこういった現場にうんざりしている様子で『疲れた』と吐き捨てます。

職場でも酒を飲みながら仕事をするくらいやさぐれているようですが、

そうでもしないとやっていけないのです…。

この男達が交差して、物語は進んでいきます。

アクト・オブ・バイオレンスを無料で観る方法?

ネタバレを読みたくない!

そんなあなたのために、映画 「アクト・オブ・バイオレンス」を無料で観る方法があるんです。

それが動画配信サービスU-NEXTを利用する方法。

無料お試し期間を利用することで、

完全無料で観ることが出来るわけですね!

無料で済ませるための流れ

興味のある方は下記から、無料お試し特典を受け取れるのでどうぞー。

【アクト・オブ・バイオレンス ネタバレ】

【さらわれた花嫁】※ここからネタバレ含みます。

救命士の三男『ローマン』はガールフレンドの『ミア』との結婚が控えていました。

自宅には次男の『ブラントン』と妻の『ジェス』が暮らしています。

二人の結婚を控え、前祝いの夕食会が開催されました。

ミアは元々身寄りがなく、里親に育てられていました。

ローマン達の父親が養子にしようとしていたくらい、ミアは小さい頃からこの家族と仲が良かったのです。

夕食会に遅れてデクランが到着しました。

デクランはミアとの再会を喜ぶのですが、自分の過去に整理をつけられず、

ミアにそれを指摘されたのに腹が立ち、冷たく当たってしまいます。

涙を流すミアを、ローマンは優しく慰めます。

ローマンは、デクランは難しい人間で、手を貸してあげられるのは自分達しか居ないことを分かっています。

それは、同じくミアも理解していることでした。

そして、二人は結婚前の『独身最後の日のパーティー』へお互い出掛けます。

ローマンとブラントンはストリップクラブへ行きました。

デクランは先程のミアへの言動を後悔し、謝りのメールを送ります。

ミアはクラブで友人達とパーティーを楽しんでいました。

そこへ黒人の男とスキンヘッドの白人の男が絡んできます。

男達が麻薬を所持していることも分かったミアは、不審に思って男達を追い払いました。

せっかくのパーティーでしたが、不安になったミアは、ローマンに電話を掛けます。

その時です!

ミアは電話の途中で走ってきた車に引きずり込まれてしまいました。

ミアは必死に抵抗をしましたが、注射器を打たれ眠らされてしまいます。

ミアをさらったのはクラブで絡んできた二人組でした。

ストリップクラブにいたローマンも、ようやくミアの着信に気づきます。

異変に気付いたローマンは、ブラントンと一緒に車でミアの携帯のGPSが示す場所へ向かいます。

そして、デクランのことも現場に呼んでいました。

銃を持ち、デクランはGPSに示された家に突入します。

立ち向かってくる男達を倒し、部屋に拘束された女性達を発見するのでした。

デクランが女性を抱え家を出ると、既に警察に取り囲まれ、兄弟達は手錠をかけられていました。

女性達を拘束した犯人と間違えられ、3人は警察に連行されてしまいます。

警察署では保護された女性達が事情聴取を受けています。

デクラン達の疑いは晴れたようですが、警察がどうも信用できないデクランは

事件担当の刑事エイヴリーに、ミアをすぐに探し出すようにキツく言い、

警察署を去ります。

【立ち上がる三兄弟】

婚約者を奪われたローマンは怒り、悲しみます。

そして、デクランにミアを助けるためにはどうしたらいいか、涙ながらに相談するのです。

ミアはローマンの婚約者であり、自分達の家族同然です。

逮捕される恐れがあるかもしれませんが、自分達で立ち上がり、ミアを救うことを強く決意しました。

三人はミアを救うための準備を始めます。

エイヴリーは先日亡くなった女性の検死結果報告を受けているところでした。

遺体からは『カンフェンタニル』という通常は大型動物の鎮静剤に使われる薬品が検出されたということです。

そして、その薬がヘロイン市場に流出し、1週間で30人もの犠牲者が出ていることも分かりました。

エイヴリーが遺体の手の甲に傷があることを発見します。

不思議に思って医師が切り開いてみると、小型のカプセルのようなものが摘出され、

それがGPSだということが分かりました。

同時に麻薬捜査課の情報から、薬のマーケットも明らかになってきました。

マーケットを取り仕切っている男の名前は『マックス・リヴィントン』。

彼こそエイヴリーが2年間追い続けている男だったのです…。

【逃げ出した花嫁】

デクラン達はパーティーで同席していたミアの親友『ヘイリー』を訪ね、

パーティーの日の出来事を全て聞き出します。

そして絡んできた二人組は売春組織の手先だということが分かりました。

身寄りのない女性に声をかけては薬漬けにし、売春をさせていたというのです。

ヘイリーは三人の手掛かりになるように写真を見せました。

ミアが目覚めると、自分が手足を拘束されていることが分かります。

自力で目隠しを取ったミアは地下室のようなところに監禁されていました。

ミアは必死に叫びますが、その声は誰にも届きません。

やがてミアをさらった二人組が気づき、部屋の中に入ってきますがミアは隙を見て二人を攻撃し、逃げ出しました。

しかし、途中で彼等のボス、マックス・リヴィントンに見つかってしまいます。

マックスはミアを二人組がクラブで見つけてきた女だと知り激怒します。

何故なら防犯カメラのある前で彼女をさらったからです。

そうすると警察に足が付きやすく、アジトがすぐにバレてしまいます。

怒りが頂点に達したマックスは無理矢理ミアに黒人の男を銃殺させます。

そしてミアはまた元の部屋に戻されてしまうのでした。

しかし、ミアは諦めません。自分の力で拘束を解き、窓の枠を金属で削り始め、

部屋を抜け出しました!

マックス一味の車を襲撃した三兄弟は、スキンヘッドの白人男を拘束し、

マックスの名前とアジトの場所を吐かせます。

そしてミアと他の女性達をベガスに捨てるということまで聞き出しました。

三兄弟は白人男を案内役として、アジトである操車場へ向かいます。

アジトに突入した三兄弟はミアのいる部屋まで辿り着きましたが、ミアは既に逃げ出した後でした。

そしてブラントンが撃たれ、肩を負傷してしまいます。

傷の手当てのために家に帰ると、家の中は荒らされており、リビングではブラントンの妻、ジェスが何者かに殺された後でした。

恐らくマックスの一味の仕業でしょう。

ブラントンは混乱します。

デクランはジェスの遺体に毛布を掛け、三兄弟は警察へ向かいました。

そして、逃げ出したミアも自分の身体に埋め込まれたGPSのために、また敵に連れ戻されてしまったのでした。

【反撃開始!】

刑事のエイヴリーによれば、三兄弟は既に法を犯しているので逮捕されることは確実です。

三兄弟は今までに知った情報をエイヴリーに話します。

女性達をベガスに移動させることはエイヴリーも知らなかったようです。

そして、三兄弟達もマックスがFBIやDEA(麻薬取締局)という機関と取引をし、

警察も手出しができなくなっていることを知るのです。

何の組織にも属していない三兄弟ならば、ミアと女性達を救い出すことができると確信したエイヴリーは三兄弟に24時間の猶予を与え、彼らの行動を黙認することにしました。

マックス達のアジトでは囚われた女性たちが木箱に入れられ、トラックで輸送されようとしていました。

その中にミアもいます。

既に現場に潜伏していた三兄弟とマックス達の銃撃戦が始まりました。

その混乱に乗じて、ミアも拘束具を取り、木箱の蓋を蹴破り外に出ました。

そして他の女性達にも逃げ出すように促します。

そこに覆面を被ったエイヴリーが車で登場し、女性達は救出されました。

デクランから感謝の言葉を受けたエイヴリーは、事件に関わってしまったことから渋い顔をして去りました。

ミアを連れ出した三兄弟は、ミアの身体からGPSを取り出し帰宅しました。

【最後の戦い】

家に戻ったミアは、今までの出来事の恐怖、自分が負った傷、ジェスを失ったその辛さを感じながら、シャワーを浴びていました。

ローマンはそんなミアを、優しく抱きしめることしか出来ませんでした。

デクランはミアに自分達がミアを救うために法を犯したため、逮捕されることを説明しました。

しかし、エイヴリーが減刑の根回しをしてくれることを知り、ミアは仕方なく納得します。

その時、窓の外から車の音がして、ライトが照らされました。

エイヴリー達が迎えに来たのではなく、マックス一味が銃撃してきたのでした。

三兄弟も銃を構え応戦しますが、防弾チョッキを着ていなかったブラントンが撃たれ、命を落とします。

ミアとローマンは必死に応戦し、マックスの手下達を全員倒しますが、当のマックスは車で逃走するのでした。

次の日、

自分たちの正義のために戦ったデクランとローマンは犯人として警察に連行されます。

デクランはエイヴリーの眼を見て深く頷きます。

エイヴリーもデクランをじっと見つめるのでした。

そして後日、エイヴリーは警察を退職します。

負傷しながらも生き永らえたマックスは、金とパスポートをカバンに詰めて逃げる準備をしようとしていました。

しかし、何者かの銃弾に倒れます。

マックスを撃ったのはエイヴリーでした。

警察を辞めたエイヴリーは、彼なりの方法でずっと追い続けたマックスとの決着をつけることができたのでした。

数年後、ローマンとミアの間には子供がいます。

彼の名はブラントン。亡くなった次男と同じ名前です。

デクランの顔にも笑顔が戻りました。

試練はありましたがそれを乗り越えて、家族に平和な時間が訪れたのでした。

【アクト・オブ・バイオレンスの感想と見どころ】

主人公は三兄弟で、エイヴリー役のブルース・ウィリスはあくまでゲスト的な出演だと思うのですが、流石名優!要所要所でおいしい所を持っていきます。

ジャケットやサムネイル画像ではセンターを張っていますが、彼メインの映画ではありませんのでお気を付けください。

ですが!内容はわかりやすくさらりと最後まで観れます。

花嫁役のミアが諦めない姿にはとても勇気づけられました。

花嫁はやんちゃなくらいが丁度良いですね。

悪役のマックス・リヴィントンのキャラクターは良かったのですが、もっともっと狂っているくらいが面白いのかな、と思いました。

この記事を読まれた方はこんな記事も読まれています



スポンサーリンク

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

ブログ更新情報をTwitterで配信中

トップへ戻る