【月9(撮影)終了!?】コンフィデンスマン初回放送開始前に打ち上げをしていた!?

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを


出典:Twitter@confidencemanJP

スポンサードリンク

記事をお読みいただき、ありがとうございます。

先日から何度か関連記事を書いている、

新月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」なのですが、

それについて驚く情報が舞い込んできたので、

思わず筆を取ってしまいました。

4月1日の夜、都内にある焼肉店の前に1台のワンボックスカーが止まった。運転手にうながされて後部座席から出てきたのは、長澤まさみ(30)だった。実はこの日、ドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)の打ち上げが行われていたのだ。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/)

「え!?既に番組打ち上げが終了?初回放送の打ち上げじゃなくて!?」
「え!?しかも初回放送前に打ち上げ!?それは決起集会とかじゃないの!?」

もう「?」マークしか出ませんよね。

その情報について調べてみました。

余談ですが、私のように初回を見逃した残念な方はいますか?

私は残念すぎるので、FODの無料期間中に見逃し配信で観ることにします。。。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

初回放送の評判

長澤と東出昌大(30)と小日向文世(64)ら3人の信用詐欺師が日本中の悪徳大富豪たちと頭脳戦を繰り広げ、大金をだまし取る物語。9日に放送がスタートしたばかりだが、その痛快な内容が早くも話題になっている。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/)

先日の記事で、視聴率はあまり期待したほどではなかった、とお伝えいたしましたが、

やはり内容自体の評判は良いみたいですね。

様々なメディアのTwitterでもこのような高評価です。

そして、有名歌手や芸人さんまで高評価!

このように、視聴率の数字とは関係なく、

世間の評判は高い作品です。

やはり「録画して観る」というのが普通になってきた時代に、リアルタイムの視聴率は、

「視聴率=人気」という等式は成り立たなくなっているんでしょうね。

初回放送前に打ち上げ

4月1日の夜、都内にある焼肉店の前に1台のワンボックスカーが止まった。運転手にうながされて後部座席から出てきたのは、長澤まさみ(30)だった。実はこの日、ドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)の打ち上げが行われていたのだ。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/)

はい、これが問題の件ですね!

まず1点目「4月1日の夜」ってどういうことですか?

エイプリルフールですか?

そして2点目の、「コンフィデンスマンJPの打ち上げ」

ですよね。

やはり決起集会とかではないようです。

なぜ!?番組早期終了!?

実は、〇〇が既に3月で終了していたため!

「実はドラマスケジュールが前倒しになっていて、すでにすべての撮影が終了しているんです。クランクインは昨年11月で、3月26日にオールアップでした。だから放送開始日よりも先に打ち上げを行うという“異変”が起きたのです」

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/)

ああ!そういうことですか!

いやー、びっくりしました。

こんなことがあるなんて普通の人は思わないですよね。

かなり異例の状況

でも記者さんもこのように書かれているということは、ドラマ業界でも結構異例のことのようですね。

ちょっと気になるのが、普通のドラマだと、

視聴率や、視聴者評価の傾向を見て、

ドラマの構成を柔軟に変化させることがありますが、

それが出来ないということですよね。

おそらく今後の内容にも、相当の自信があるのでしょう!

それにしても、

クランクインが11月で、

クランクアップが3月って、、

すごいハイペースですよね。

「このハイペース撮影にはなにか理由があるのかな?」

ドラマ⇒そして〇〇化

さらに、前倒しで撮影を終わらせなくてはならない理由がもう1つあった。じつはこのドラマ、すでに映画化が決定しているというのだ。

「映画の撮影はドラマ放送中の6月からで、来年の公開を予定。海外で撮影を行うことも決まっています。長澤さんにとって、主演ドラマの映画化は初めてのケース。彼女も『いまは女優として試されているときなので頑張りたいです!』と意気込んでいますね」(前出・ドラマ関係者)

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/)

最近恒例の、

ドラマ化⇒映画化の流れですか!

しかし、ドラマ公開前、そしておそらく撮影前からでしょうね、

映画化が決まっていたのは。

こんなことがあるなんて、よっぽど力を入れている証拠ですよね。

ただ、普通の人がここで気になるのが、、

「このあと大ゴケしたらどうする気なんだろう」

ということではないでしょうか?

前述の、視聴者評価による撮り直しも出来ない、という面も含めて、かなりの自信が伺えます。

長澤が月9の主演を務めるのは、じつに11年ぶり。さらに映画化も予定されていることで、プレッシャーも感じているはずだ。打ち上げでも、彼女の本音が垣間見える瞬間もあったという。

「長澤さんは打ち上げで『放送前に撮影が全部終わってホッとしています』と挨拶していました。今回の役どころは中国語や山形弁を喋ったり、変装した職業の専門用語を覚えたりする必要がありました。そのため通常の連ドラよりも、かなり大変だったのです」(ドラマスタッフ)

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/)

やはり、相当な負担だったようですね。

毎回いろんな役を演じるということは、

その分、一人数役で出演しているようなものですもんね。

「ムードメーカーはいつも小日向さん。いつも長澤さんがタジタジになるような質問をして、それを見ている東出さんが笑うという関係ができあがっていました。3人の仲の良さは、打ち上げでもそれは同じ。小日向さんが飲みすぎて、それを長澤さんが突っ込む。そんな2人を見て、東出さんが爆笑していました。結局、3人は4時間近くも喋りっぱなし。2次会のカラオケにも喜んで参加していましたよ」(前出・ドラマスタッフ)

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/)

やはり仲良し3人組なのですねー

とても楽しそうで、その打ち上げの場面を是非見てみたいですよね。

せっかくなので次回第2話目予告編

まとめ

とりあえず、番組早期終了とかそういうことではなく一安心でした!

宴の最後には、「あとは映画に向けてまた頑張ります!」と力強く宣言していたという長澤。早めの打ち上げは、映画に向けての“決起集会”でもあったようだ。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/)

ドラマはまだ初回が終わったばかりですが、

映画に向けて頑張ってほしいですね!

そして初回を見逃した馬鹿な私は、

仕方がないので、FODの無料期間中に早めに見逃し配信で観ることにします。。

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

この記事を読まれた方はこんな記事も読まれています



スポンサーリンク

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

ブログ更新情報をTwitterで配信中

トップへ戻る