なぜフレンチドレッシングは糖質が低いの?太りにくい選び方の新常識!

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

こんにちは。

今日も猫が大好きな
kage(@cat_kagelife)です!

記事をお読みいただきありがとうございます。

今回は、

なぜフレンチドレッシングが最も糖質が低いのか、
なぜダイエットに効果があるのか、
なぜノンオイルドレッシングの糖質が高く、ダイエットに逆効果なのか

についてお伝えしたいと思います。

ノンオイルドレッシングの真実

なぜ、ノンオイルドレッシングは太る原因になるのか、

その原因はカロリーではなく、

糖質の多さにあります。

ノンオイルドレッシングではオイルがカットされることで、本来は食べにくい味になってしまっています。

そこで糖質を多く加えて食べやすい味に仕上げているのです。

ノンオイルドレッシングに含まれている糖質は、

ぶどう糖果糖液糖

というもの。

これが加わることで実は通常のオイル入りドレッシングに比べて糖質量は約3倍も多くなっているらしいですね。

フレンチドレッシングはなぜ糖質が低いの

ノンオイルドレッシングに対して、

フレンチドレッシングは、オイル、酢、塩、コショウで作るため、

糖質となるものが非常に少なくなっています。

そのため糖質が低いドレッシングなわけですね。

猫好きkage
んー、意外過ぎる結果ですね。てっきりノンオイルが一番ダイエットには効果的だと思ってました。

糖質が低いドレッシングを選択することで、

食後の血糖値が上がりにくく、

糖質が脂肪になりにくい。

つまりダイエットに効果的!

というわけですね。

スポンサードリンク

まとめ

今回のまとめ

・ダイエットに最も有効なドレッシングはフレンチドレッシング

・その理由はノンオイルドレッシング等に比べて糖質が低く作られているため

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

猫好きkage
この記事を気に入っていただけたならば、

よろしければ、↓の猫画像(ブログランキング)をポチっと押していただけると!

ランキングが上がって、めちゃめちゃ喜びます!

トップへ戻る