韓国ドラマ ハベクの新婦|2話3話あらすじ/ネタバレ/感想を網羅!

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

ハベクの新婦 第2話 迷える神様

運命の出会いを果たした水国の神ハベクと神の従者であるソア。
従者だと自覚させる為に突然ハベクがソアにキスをしましたが、その後2人の関係に変化はあるのか、また神石探しに進展はあるのか・・第2話のあらすじとネタバレ含む詳しい内容をご紹介します!

第2話 あらすじ

神の従者であることを自覚させるべく最終手段としてハベクに突然キスをされたソアはそのことが頭から離れません。朝になっても昨夜の出来事を忘れられないソアは休日なので運動しに行くことにします。

一方、公園で開催中のスケートボードの大会に賞金目当てでハベクを参加させるスリ。そこで運動に来ていたソアは偶然ハベクを見かけますが、ハベクから必死に逃げようとします。原因は分かりませんがキスの後からソアに異変が起こります。

次の日、ハベクはスリと共に管理神探しの協力を求めるためソアに会いに行きます。その帰りに誰かにつけられている気配を感じたハベク。姿を見せたのはかつて水国から逃げて行った乞神でした。乞神に会ってからハベクの身にも異変が・・

その頃患者(マ・ボンヨル)が入院拒否で逃げたと連絡を受けたソアは看護師からの情報を頼りに探すと、偶然ハベクといる患者を見つけます。ハベクがボンヨルを刺激し怒らせてしまい川に飛び込んでしまいますが、水に対してトラウマのあるソアは助けることもできません。そんな怖がるソアを見てハベクがボンヨルを助けることに―

第2話 これよりネタバレ含みます

忘れられない昨夜のキス

グラスから映し出されたソアを見て水国の大司祭は「この者の命は短い。ハベク様が即位される前に死ぬ運命だ」と話す所から第2話が始まります。


突然キスをした後「お前は神のしもべだ。受け入れなければ全てを味わう。神の口づけだ。光栄に思え」と言うもソアは変態扱いします。ソア自身もなぜ目を閉じてキスを受け入れたのか分からず、頭から離れなくて幻聴まで聞こえる状態。ハベクも同様キスの事を思い出していました。キスをしたことできっとソアは従者だと自覚し、自分の元にやってくると思っています。

休日なのでソアは公園に運動しに行くことにしました。

ハベクたちは人間界で過ごすにはお金が必要なため、公園で開催中のスケートボードの大会に優勝賞金目当てで参加します。1度見たらなんでも習得してしまうハベクはプロ並みの技術。大会参加中にハベクはソアが来ていることに気づきます。関わりたくないソアはスケボーで追いかけてくるハベクを必死で振り切り川辺へと逃げますが、水を見て急に怯え出してしまいます。

優しくて思いやりのあるソア

神石を見つけなければいけないもののうまくいかないハベクとスリはソアに同情してもらう作戦を決行すべくクリニックに向かいます。一方、ソアはクリニックの家賃が上げられたと知り持ち主の事務所へ向かう途中でした。そこでソアの優しい一面を垣間見ます。

横断歩道に杖をついた老人が渡っていて信号が変わりそうになりますが、ソアは急いで渡ることなく携帯を取り出し操作しながら信号が変わったあとも老人の歩くペースに合わせて一緒にゆっくり歩いていました。

横断歩道を渡るとそこにハベクとスリが現れ、ソアに家・スリの食事・着替え・お金を要求。さらに即位式が迫っているから管理神を急いで探せと協力を求めますが、ハベクが心の病気であると思っているソアはスリを呼び病院に行かないとダメだと注意します。

困っている人を助けるのは個人ではなく国がすべき・・とソアが言うと、ふと自分が幼い頃の記憶が蘇ります。さらに他人に構う余裕はないと言うとハベクに「さっきは老人を助けたではないか」と言われてしまいます。助けていないと自分の行動にとぼけるソアに対して「正直になれ」と言うハベク。ソアはまた現れたら警察を呼ぶと警告します。

乞神ゴルリン

同情作戦が失敗したハベク達はスリが55日前人間界に来た時にお金を埋めたという梨畑に向かうことにしましたが、来てみるとそこには高層ビルが建っていてお金を手に入れる事が出来ませんでした。早く管理神達を見つけたいものの探す手段もない・神力が戻るまで過ごせる家もない・食料も必要だしなんとかしないとスリが話しかけますが、どこか様子がおかしいハベク。

誰かにつけらてる気配がしたハベクは「姿を見せよ」と言うと一人の男が姿を現します。男の名前はチュ・ゴルリン。ハベクは気付いていないようですがゴルリンは知っている様子で、次の瞬間ハベクに飛びつきキスをします。ゴルリンはかつて水国にいた乞神(下級の神)。ハベクが神力を失っているようだと気付くと逃げて行きました。

シン・フエ代表との再会

以前ソアが銀行へ返済猶予の確認をしに行った時に初めて出会ったシン・フエ代表。ソアはクリニックがあるビルの保証金の件で管理人であるパク部長の元を訪れますが解決出来ず自ら会長に会いに行くと、そこにはシン代表もいて再会することになります。
ソアは会長に直談判するもののお金がなければ撤退しろと怒られ、部屋を出て帰ろうとエレベーター前で待っているとそこに代表が・・横断歩道でのソアの優しさあふれる行動を一部始終見ていたシン代表もソアのことが気になるようです。

近づく2人の距離

ハベクたちにつきまとわれたり、保証金の件で疲れているソアに看護師から患者(マ・ボンヨル)が入院拒否で逃げたと連絡があります。そして、ゴルリンにキスをされたハベクにも異変が起こります。

今まで食事をしなくても大丈夫だったハベクですが、電車移動中に人間界に来て初めて空腹感を味わいます。ふと横を見ると女性が携帯でドラマを見ていて、画面に映る女性が管理神の1人であるムラだと思い携帯の持ち主を追いかけ電車を降りてしまいスリと離れ離れになってしまいます。

そんな時ソアが担当している患者とハベクが駅のホームで出会い、水辺の家に行きます。ボンヨルは誇大妄想がひどくハベクを神と崇めピザなどたくさんのご馳走を用意し、その中からハベクにチキンを渡します。空腹で食べたい気持ちもあるけれどチキンをじっと見つめ葛藤するハベク。

ボンヨルが神との写真を投稿したことで漢江公園にいることが分かりソアに連絡をします。ボンヨルは以前入院時に自殺未遂をしていたと知ったソアは、放っておけなくて結局公園に行き2人を見つけます。ハベクに自分の話を信じてもらえないうえ否定されてボンヨルは興奮して川に飛び込んでしまいますが、ソアは川の水を見て怯え過呼吸気味になり助けることが出来ません。

そんなソアを見て放っておけないハベクは、ずっと持っていたチキンをソアに渡して川に飛び込みボンヨルを助け出しました。地面に落ちたチキンを拾い上げたハベクに「ありがとうございました。」と抱きつき涙を流します。

ハベクの新婦 第3話 女神

川に飛び込んだボンヨルを救い、何もできなかった自責の念から代わりに救ってくれたハベクに抱きつき涙を流し感謝の気持ちを伝えたソア。ハベクを避けてきたソアと横柄な態度や行動をしていたハベクですが、果たして2人の距離は近づいたのか?従者としての自覚は芽生えたのか・・第3話のあらすじとネタバレ含む詳しい内容をご紹介します!

第3話 あらすじ

ハベクに助け出されたボンヨルが病院に搬送されてひと安心のソアですが、ハベクに出会ってから花や木などの声が聞こえるという不可解な現象に悩まされます。神力を失ったハベクも空腹感に耐える日々。ソアは友達に相談したところ幻聴の原因が罪悪感だと指摘されハベクの元を訪れます。そこでお前の事をずっと考えていて頭から離れない・・と言われ心が揺らいでしまいます。

お金の問題を抱えているソアは気が進まないけれど金策の為に大学の同窓会に参加しますが、そこで再度シン・フエ代表に出会います。苦手な同級生シン・ジャヤにも会いひと悶着ありますがハベクに助けられ事なきを得ます。

次の日、大型ビジョンに映るムラが韓国を代表する女優ヘラだと知ったハベクはソアの助けを得てムラがいるであろう場所へと向かいます。ハベク1人でムラに会いに行くも警備員に追い返され最終的には乱闘騒ぎになってしまいますが、ソアが止めに入り一旦帰ることになります。

その後、神に会わなければいけないというハベクを占い師である友達のヨンミに会わせます。患者扱いをされてガッカリするハベクと言い合いになってしまい別れた後、突然ソアは男に連れ去られ屋上で揉み合いになってしまい―

第3話 これよりネタバレ含みます

心を開き始めるソア


患者であるボンヨルの件が解決してソアは少しずつハベクに対して心を開き始めます。水辺の家で生活するなんてダメとハベクのことを心配しますが、「家と自分を差し出す決心したのでなければ帰れ」と言われてしまいます。
ひとまず患者を助けてくれたお礼をして帰ることになったソアは、引き続きひどい幻聴に悩まされているため自分のこととは言わずにこんな患者がいると友達に相談しますがそれは困った人を無視した罪悪感だと指摘されてしまいます。

はぐれていたスリと会えたハベクは、携帯の中にムラを見たと話します。携帯は公園に来ていた子供から借りたものだったため、携帯を買うべくショップへと行きますが色々説明されるも結局分からずソアの助けが必要だと悟り諦めて帰ることにしました。空腹感に悩まされるハベクにお煎餅とお水を渡し、スリはバイトへ。

揺れる心

ある日、ソアは罪悪感からかハベクの元へとやって来ます。2人で歩いているとつまずきそうになったソアの手をギュッと掴み「大丈夫か?」と尋ねます。そして「ずっと考えていた。太陽が東から昇り西に沈むまでお前のことばかり考えていた。お前のことが頭から離れぬ」と言うハベクに対してソアは自分の力では無理だけど素晴らしい恩師がいるから診てもらうようにお願いしておくと返します。

ハベクは「お前を信じるのは俺だけ。誰かの信頼を得ることは難しい。自分を信じる者がいるのはすばらしいことだ。お前はそんな存在だ―」と言うとソアの心が少しずつ開き始めたのか、気がむいたらクリニックに来るように言います。ハベクに会い自分の気持ちをスッキリさせたソアだったはずがまだ幻聴は消えません。そんなソアの元に看護師が同窓会のお知らせを持ってきます。

最悪な同窓会

同窓生を頼ってお金を借りるべく嫌々ながらも同窓会へと向かうソア。ヒールの高い靴を履き会場へ向かう途中足が痛くなり座り込んでいるとシン・フエ代表の車が目の前で止まりますが、正直でないソアは車に乗ってというフエの申し出を断ると走り去っていきます。一方ハベク達はソアのクリニックに来ますがおらず、偶然ホテルでの同窓会に行っていると耳にして会場に向かいます。

なにかと縁のあるシン・フエ代表が同じ大学の2年先輩で難病の子供の支援やボランティア活動を熱心にしている優秀な人だと友達から聞いて知るソア。実際知っている代表はそんな人ではありません。ソアは席を外し会場の外へ出ると中・高・大学と一緒だったシン・ジャヤが現れます。

ジャヤが持つ花束からも言葉が繰り返し聞こえてきてしまうソアは、花束を床に投げ捨てたあとそれを拾い、帰ろうとします。
しかしジャヤは、そんな歩き出すソアを追いかけ、引き留めようとすると服を引っ張って破いてしまいました。ソアは帰ろうと外に出るもジャヤが追いかけて来ますが、そこにハベクとスリが現れソアを助けます。


ソアは花がずっとうるさくておかしくなりそうと泣き出してしまいます。そんなソアの破れた洋服を見て自分のジャケットをそっと掛けてあげる優しいハベク。助けたお礼にとソアに携帯を買ってもらうことになり、助けられたソアはさらにハベクに心を開いていきます。2人で歩いていると足を痛がるソアを見てハベクが腕を貸してあげます。ソアのお陰で大型ビジョンに映るムラが韓国を代表する女優ヘラだと分かったハベクは、次の日ソアと共にムラがいると思われる場所へと行くことになります。

女神ムラ

ハベク1人でムラの元に行ったものの、警備員に追い返され乱闘騒ぎになります。ソアは帰ろうにも放っておけず、乱闘を止めようと仲裁に入るも跳ね除けられて倒れてしまいます。それを見て怒り「俺の従者から離れろ」と言い放つハベク。

ムラ(女優ヘラ)がハベクの元へ来てビンタします。いきなり人を叩くなんてとんでもないとソアはヘラにクリニックの名刺を渡して帰ることにしました。その後、神に会わなければならないと言うハベクを友達である占い師のヨンミに会わせます。

運命に導かれる2人

ヨンミに会わせることが最善の策だと思ったソアですが、ハベクはからかわれたと思ってしまいます。「真実と真実でないものはどう区別する?お前の真実は“信じたいもの”だ。それを信じる方が楽だからな。真実は時に人の目をくらます―」と確信をつかれたソアはうまく説明出来ずその場を立ち去ります。

階段を降りているうちもハベクから言われた言葉が頭から離れないソア。立ち止まっていると突然男が現れ口を抑えられて屋上へと連れて行かれ揉み合いになり、落下します。落ちるソアと目が合ったハベクは、ガラスを突き破りソアを水の膜となって包み助けます。

第2話・第3話 感想

やはりかっこいいハベク様から目が離せない第2話・第3話でした!
スケボーもうまく乗りこなす、突き落とされたソアを助けるところも素敵。

さらによろけたソアの手をつかんであげたり、ソアの洋服が破れているのを見て自分の上着を脱いでそっと掛けてあげたり・・足が痛いソアに「つかまれ」と腕を差し出すハベク様のさりげない優しさ1つ1つにトキメキが止まりません!

また、ドキドキだけでなく笑える面白い場面も・・空腹感を味わうようになってしまったハベクがチキンをずっと持ってる姿は笑えるので注目です。

話の鍵になる神石探し。石を持つであろう管理神達も少しずつ登場してきて今後の展開から目が離せません。

韓流ドラマ「ハベクの新婦」を無料視聴する方法

あらすじ・ネタバレ記事で本編が気になったあなたに朗報です。

なんと無料で視聴できる方法があるので、それをお伝えいたします。

詳細は下記の記事をご覧ください。

ハベクの新婦|無料で動画(日本語字幕)を全話フル視聴する方法!
韓国韓流ドラマ「ハベクの新婦」を無料で観る方法をお伝えします。 笑いあり、トキメキあり、切ない愛ありのファンタジックな物語。次世代俳優、ナム・ジュヒョクと若手実力派、シン・セギョンの好演で、「恋する気持ち」に夢中になれる。

この記事を読まれた方はこんな記事も読まれています



スポンサーリンク

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

ブログ更新情報をTwitterで配信中

トップへ戻る