韓国ドラマ ハベクの新婦|4話5話あらすじ/ネタバレ/感想を網羅!

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

ハベクの新婦 第4話 神の力

何者かに屋上から突き落とされたところをハベクの神力によって助けられ命拾いしたソア。人間界に来て以来失っていた神力がやっと戻ったのか・・第4話のあらすじとネタバレ含む詳しい内容をご紹介します!

【第4話 あらすじ】

屋上から落とされてハベクの神力によって助けられ気を失ったソア。

命を救ってもらい少しずつハベクを神だと思えるようになったソアは、いろいろ条件を設けつつも2人を自分の家に住まわせることにしました。

ある日、リゾート開発計画の予定地に所有する土地が含まれていることを知ったソアはシン代表と会うことになります。その頃ハベクはムラに会い神石を渡すよう要求するも拒否されてしまうことにー

神力のない次期王は信用できないと神石も渡して貰えないハベクは、ストレス解消をするためにソアと共にドライブに出掛け綺麗な景色と空気がいっぱいの海辺や草原で穏やかなひとときを過ごしますがー

【第4話 これよりネタバレです】

【命の恩人】

ビルから落ちたソアを水の膜で包み助けたハベクを見てスリは神力が戻ったと思い大喜びします。助けたものの気絶したソアを自宅に送ろうにも家を知らないハベクは自分の家へと運んできました。

帰宅して神力を試したけれど残念なことに一時的なものでした。しばらくすると、突き落とされて助けられた出来事の夢を見て悲鳴を上げ目を覚ますソア。長い夢を見ていると思うソアの頬をハベクがつねります。

ソアは帰ろうと車まで来ますが怯えて座り込んでしまいました。そこにハベクが車のキーを届けに来ます。手が震えて鍵が開けられず・・ひとまずお礼を言い運転し始めますがうまく出来ない為ハベクが送ることになります。

家まで送り届けて帰ろうとしましたが、スリは無理矢理ハベクを門の中へと押しやります。「神聖なるおみ足が敷居をまたぎました。神をお迎えしたのです。受け入れなさい。」とスリに言われ一時的に2人を家に住まわせることにしたソア。
こんなところは願い下げだと言うハベクは「人間界は面白いから、楽しんできたらどうでしょう?」という大司祭の言葉が頭をよぎります。そんな時に家の周りを不審な男がうろついているのを見つけます。

【同居生活スタート】

朝になり、スリは三国の管理神たちから神石を受け取るために人間界に来たとソアに説明します。そこでハベクが2800年生きてきて初めての苦難だし大好きな水浴びも出来なくてつらいはずだと聞かされ驚きます。

その頃ソア宅にある桶を見つめるハベク。階段を登ってくると、桶に水をはって水浴びをしているハベクの姿が目に飛び込んできます。文句を言われるもハベクは「俺はお前の主で神だぞ」と返します。だんだんとソアに近づき腰に手を回し「俺を試そうなどと思うな」と警告します。

長居する気はないけど不便がないよう奉仕せよと言われてため息をつくソア。それも不服なら恩返ししろとのハベクの言葉に、ソアは従者より恩返しが合理的だと思います。

ただここは人間界だから所構わず服を脱いで水浴びはしないこと、そして人間は物ではないから“俺の物”と言わないこと、今後また勝手にキスしたら・・と忠告しますが「俺の権利だ」と言い張るハベク。そこでまた不審な男を見かけます。

【トラウマ】

自分を殺そうとした男の事が気になって仕方がないソア。自分に対して殺したいくらい恨みを持っている人はいないと思っていたものの、サンユに聞いてみると指が足りないくらいいると言われて驚いてしまいます。

気分転換にサンユと食事に行くことにしたソアは外で待っていると1人の男が近づいてくるなり、昨日の男と重なってしまい悲鳴をあげてしゃがみこんでしまいます。

そこにジャージ姿のハベクが現れます。
こんな格好ではムラに会えないから服を買えと言われ、高級店で何着も試着するハベクでしたが、決まらず最終的に市場で買うことに・・スリが来るまで2人で食事をすることにします。

食事中、ソアは食堂のおばさんからお湯をもらい冷水に混ぜて飲み始めます。それを見てハベクは「なんで冷水が嫌いなんだ。川に飛び込んだのは真冬か?なぜ死のうと?」と聞くも誰のことかと誤魔化すソア。そこにスリから電話があり、お店を出ようとした時にハベクは鏡越しにまた不審者を見ます。

頼みを聞いてくれたらあなたの頼みも聞くと言い従者と呼ばないでとお願いするソアに対し、頼みはないけど「俺に惚れるな。惚れても治す薬はない」とハベクは警告します。そこにサンユから土地が売れると連絡あります。ベリウォンリゾートのリゾート計画にあたりソアの所有する土地が必要なシン代表。ソアは代表に会い、公示価格の5倍で取引をしたいと言います。

一方、ムラに会い神石を渡すように言うも渡さないと拒否されてしまうハベク。神石を渡すか否かは管理神が決めること・・神力もないのに王だとは言えないし王になる資格がないと言われたハベクはどうすれば神石を渡すのかとムラに聞くと悪口の書き込みを消してと頼まれます。

【ユン・ソア ハベク】

公示価格の5倍で土地を売ると言い後悔していたソアは7倍で買取るという不動産売渡承諾書を渡されて喜びます。気分のいいソアはソンユと共に食事とカラオケに行くことにー
その頃ソアの家ではスリはムラに対する悪口の書き込みを通報していました。しかし、文字が読めないハベクはスリからハングルの教科書を渡されてしまいます。

ソアの帰りを待つハベクはふと、家の前をうろつく男のことを思い出します。2人へのお土産にとチキンを買って帰宅しますが、帰り道の電灯が消え前に進むことができません。道端の石を拾い歩き出すと、そこにハベクを見つけます。

気分がいいソアはハベクに本当の神は人の切なる願いを叶える優越した存在だと言うソア。ムラの書き込みの件を聞くもハングルが分からなかったわねという言葉にカチンと来たのか、ソアの持つ石を取り上げ壁に“ユン・ソア”と文字を書くハベク。

「初めて書いた字だ。光栄に思え。俺の名前も書ける」と言いソアの名前の上に“ハバク”と書いて家の中へ・・書いた字を見たソアが“ハベク”と書き直して微笑みます。

ここまでにも2人のいい感じの場面がありましたが、このソアの帰りを待つハベク。そしてハベクを見つけた時に笑顔になるソアが可愛らしくてたまりません!「俺に惚れるな」といいつつハベクもソアのことが気になって今後従者としてではなく1人の女性として見ることがあるのか・・気になるところでもあります。そこで流れる曲も良いので注目ポイントです。

お土産のチキン手に持たせ「あの日漢江で落としたチキンを・・」とソアが言った瞬間にチキンを食べたハベクは第2話を思い出します!

偉そうなことを言ってたくせに裏切られた痛みも空腹感も知り、昨日より今日のほうがいい王になれそうだし、いい“王様修行”だとソアに言われます。

【ドライブ】

ムラに認めてもらうべくサイン会のボディーガードをするもうまくいかず、結局神力のない次期王など信用できないと言われてしまったハベクはストレス解消にドライブがしたいとソアに連絡します。

断れない自分にイライラしたソアはすごいスピードで運転し海に行きます。浜辺を歩き楽しく写真を撮ったりしていてなんだかいい感じのソアとハベク。

海の次は草原でピクニック。シートを敷いて2人でシートに寝転がり色んな話をします。
そんな時、今日は本当につらかった・・と話し出すソアを見つめるハベク。そして、ハベクと共に青くて綺麗な海で泳いでる姿を想像しているソアにハベクが「すまない」と言います。

第5話 ビリョム神の正体

ドライブに出掛けたソアとハベク達。海へ行った後、景色がとても良い草原でピクニックをしました。そこでソアは寝転がり青く綺麗な海でハベクと共に泳いでいる姿を想像します。そんなソアに「すまない」と謝ったハベク。
第5話は車に乗って海辺から帰る際、立ち寄った場所で起きた2時間前から始まります。ハベクがなぜソアに謝ったのか・・あらすじとネタバレ含む詳しい内容をご紹介したいと思います!

【第5話 あらすじ】

海の帰りに立ち寄ったピクニック場。
ハベクは以前、市場で見かけた不審な男がソアの車に細工をしているのを見かけます。細工が原因でブレーキが効かず・・絶体絶命の状態からハベクが神力でソアを救います。

2度も命を救ったから恩返しのために今後は奉仕に専念するようにとハベクが無理な要求をしますが、命の恩人ということもあり優しく接するソア。
ビリョムから連絡を貰ったハベクにソアも同行し、そこでビリョムの正体が明らかになります。

ある日ソアに聞きたいことがありハベクとスリはクリニックまで来ますがその時、ビリョムがソアを連れ去るところを目撃します。ムラと共にハベクは追いかけますがまたソアは危険な目に遭うことにー

【第5話 これよりネタバレです】

【絶体絶命】

ピクニック場の駐車場でソアの車に細工をしている不審な男を見かけたハベク。その男は市場で見かけた時と同じ人物でした。

その後、シートの上で寝転がり目を閉じてハベクと一緒に綺麗な海で泳いでいる姿を想像中のソアにハベクが「すまない」と言うとソアは「なにが?」と返します。穏やかな時間を過ごした後、ハベクの運転で帰ることにしました。

ハベク達の乗る車が走り去るのを見届けた不審な男。制限速度を超えるすごいスピードで走る車に異変が起こります。スピードを落とそうにもブレーキが効かないため、通行禁止の道路へとハンドルを切るハベク。

止まれと念じるも止まらず・・ハベクはサンルーフを開け、スリにハンドルを託しソアに「ついてこい」と言いますがソアは怖くて動けません。

サンルーフから出て「俺を信じて」と手を差し伸べるとソアは手を握りサンルーフの上に出ます。ソアを抱きかかえ「恐れるな。お前は神のしもべだ」と言い飛び降りました。

すると、以前ソアが屋上から突き落とされ救った時のように水の膜で包まれ無事2人は助かりました。車はトラックにぶつかり炎上するも無傷で済んだスリ。

警察に行くと犯人は事情聴取中でパク・サンチョルという男でした。
3ヶ月前に追突事故を起こした人であり、思い返してみるとクリニックの前でぶつかりそうになった男でもありました。ソアを突き落としたことも認めて事件のことは一件落着します。

【なんでも出来るハベク】

家に帰ってくるなり堂々と水浴びをするハベク。
さらに、2度も命を救ったということでソアに色々要求します。人間界には泡風呂というのがあるようだからローズの香りを・・携帯が壊れたから買いなおせ。服もたくさん用意しろ。それから食事は12種類の料理を並べるように指示。

ソアが買い物に出掛けている間にハベクとスリは事故のことを振り返ります。車に細工していた男を見たことを事前にスリに伝えていたハベク。

スリはソアに知らせるべきだと思ったものの、ハベク自身はソアが助けを求めると神力が戻るからいい機会だと思い内緒にすることにー

買い物から戻ったソアは料理と格闘中でした。いつも料理をしていない様子のソア。本を見ながら頑張るもうまくできず結局ラーメンとキムチになりました。ラーメンを出されて納得いかないハベクにソアは、今は料理ができる男性がモテると言い料理番組を見せます。

塩を振るたくましい腕を見てニコニコする態度が気に入らないのか、席を立つハベク。そんなハベクのシャツをそっと掴み、甘えておねだりするソアですがあっさりハベクに手をはたかれてしまいます。そしてハベクはエプロンをしてパパっと料理を数品作りました。 

お肉を切ってソアのお皿と入れ替える紳士なハベクは謝罪の印にとリンゴまで添えてあげます。会話も弾み久々に笑ったと楽しそうなソア。

食事後、ワインを飲みながらソアは今回の事故や入水自殺しようとした患者の件は自分が医師としてみるべきものを見ず耳を傾けようとしなかったせいなのかと自問自答します。

時間も遅くなり部屋に戻ろうとするハベクのシャツを掴み「ありがとう。また助けてくれたこと・・それから今日ずっと忙しくしてくれて」とソアが言います。

【天国の神ビリョム】

次の日、自分の部屋ではなくハベクの部屋で目を覚ましたソア。ゆうべ1人でお酒を全て飲み干して部屋にずるずると這って入って来たとハベクが説明します。

そんな時スリの元にビリョムから連絡があります。ソアをだまして危険な目に遭わせるのは反対だから神力が戻ってから会ったらどうか、とスリが提案しますがその話を聞いてしまったソア。

神力がどんなに大事なものか知らないけど、目的のために人の命を利用して最低な神だと言って怒ってその場を去ります。

ビリョムに会いに行くハベク達。すると、一緒に行くと言ってソアもタクシーに乗り込みます。
到着したのはビリョムが住む高級マンション。ソアは大きなダイヤの指輪でプロポーズしてきた自分に夢中だった男を思い出します。部屋まで来たハベク達ですが、そこで「久しぶりだなソア」とビリョムに言われるなり気絶するソア。ビリョムはソアが神の従者だったとは引かれるわけだ・・と意味深なことを言います。

目覚める度にビリョムから声をかけられるとソアは気絶してしまいます。神石を渡してほしいとビリョムに言いますが渡す気がない様子。帰ろうと席を立つハベクに、久しぶりの再会だからソアは置いていけと言い手を出しますがハベクがビリョムの手を掴み阻止して、結局ソアを背負って帰ります。

【またも危険な目に・・】

家で目覚め自分の行動を思い返しますが夢だと思うソアは、下に降りてハベクの姿を目にします。

そこでハベクは同じ神でも質が違うし、愛の女神の背中から生まれたせいで裏切りともめ事を好むからビリョムに近づかないようにとソアに忠告します。しかしソアはアンビンが神だったとは信じられずひたすら呆然とします。

まだビリョムがアンビンだと信じられない様子のソア。土地売買の件でシン代表に会うことになりクリニック前のカフェに行こうとすると、そこにビリョムがやって来て無理やり車に乗せられてしまいます。

ハベクはムラとビリョムの件でソアに相談する為ちょうどクリニック前に来ると、ビリョムの姿を見ます。走って車を追うも追いつくことができません。

すごいスピードで車を走らせ橋の上で車を止め、そこでビリョムは取引を持ち掛けます。この薬をハベクに飲ませたら前回贈ったダイヤより大きい指輪をあげるし大富豪にしてやると言われたソア。
薬を手に取りますが地面に落とし踏みつけます。

お前は全ての神の従者であって神力のないハベクはお前に何もしてくれないから仕える相手は選ぶべきだと言うビリョムに、ちょっと不安定だけど神力がなくても神は神と答えてしまうソア。そこにハベクとムラがやって来ます。

掴まれた手を振り切ってハベクの元に行こうとするソアに、ビリョムは神力を使って遠ざけます。すると地面にヒビが入りパニック状態になってしまうソア。

ハベクの神力は消えてないようだから神力が戻るところを見せてくれたら神石の件を前向きに検討すると言います。

さらに神力を使いソアの頭上から雨が降り始め、地面のヒビも酷く今にも落ちそうな状態。ハベクがソアの元に行こうとするとビリョムが一歩でも動けば落とすとハベクに言います。

力を見せてもらおうかと指を鳴らそうとした時「神石をなくしたな?」とハベクに言われ確信を突かれた様子のビリョム。すると今にも崩れそうだった地面が元に戻っていきソアは危機を逃れました。

【第4話・第5話 感想】

最初はソアがハベクに対していい印象を持っていませんでしたが、だんだん打ち解け距離が縮まっていく・・そんなソアの心境の変化がとても印象的だなと思いました。

暗い夜道でハベクの姿を見つけて笑顔になったり、甘えてシャツをそっと掴んだり、ククスを食べさせてあげたり・・そんなソアの姿がとても可愛くて見ているこちらまでほっこり。「俺に惚れるな」と言われても優しくされたり、助けられたら少しずつ惹かれていく気持ちも分かります!

水浴びで素晴らしい肉体を披露し、エプロン姿で手際よく料理をするハベク様(ナム・ジュヒョク君)も素敵なので見逃せません。これまでに管理神が2人出てきましたがあと1人はどんな神なのか、ムラとビリョムが無くしてしまったと思われる神石の行方がとても気になります!

韓流ドラマ「ハベクの新婦」を無料視聴する方法

あらすじ・ネタバレ記事で本編が気になったあなたに朗報です。

なんと無料で視聴できる方法があるので、それをお伝えいたします。

詳細は下記の記事をご覧ください。

ハベクの新婦|無料で動画(日本語字幕)を全話フル視聴する方法!
韓国韓流ドラマ「ハベクの新婦」を無料で観る方法をお伝えします。 笑いあり、トキメキあり、切ない愛ありのファンタジックな物語。次世代俳優、ナム・ジュヒョクと若手実力派、シン・セギョンの好演で、「恋する気持ち」に夢中になれる。

この記事を読まれた方はこんな記事も読まれています



スポンサーリンク

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

ブログ更新情報をTwitterで配信中

トップへ戻る