ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ|あらすじ/ネタバレ/感想を網羅!

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

ブロードウェーでロングランを記録したロックミュージカルを映画化!

ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ、ヘドウィグ愛の起源。

派手な恰好のロック歌手、ヘドウィグは2人目の夫イツハクと共に

アングリー・インチというバンドを引っ提げツアーを行います。

ライブ会場は人気ロックアイドル、トミー・ノーシスのツアー会場の近くにある

ビルジ・ウォーターズという飲食店。

客受けは悪く資金も底が尽きそう。

トミーはヘドウィグの元恋人。

トミーにロックを教えたのはヘドウィグだが

トミーに愛を教えたのもヘドウィグでした。

しかしトミーはヘドウィグの曲を盗作した為、裁判で争う事になります。

全編をロックで彩るヘドウィグの苦悩と愛の行方。

プラトンの愛の起源を基軸にした歌は愛の概念とこの映画の強さと美しさにあります。

[ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチのあらすじ]

[彼女がまだ彼だった頃の話]

性転換したロックシンガーのヘドウィグは旧東ドイツで生まれます。

ヘドウィグが生まれた年に国を分断するベルリンの壁が作られ自由を奪われてしまいます。

まだヘドウィグがハンセルという少年だった頃、母親は父親を家から追い出します。

それは父親がハンセルに性的虐待をしていたからです。

ここで現代に戻りヘドウィグは「愛の起源」を唄います。

昔、人間は足が4本、腕も4本、顔も2つ、背中合わせでくっついていた。

まだ愛を知らない。

 

太陽の子は男と男

地球の子は女と女

月の子は男と女

 

人間が力をもった事を恐れた神様はくっついた2人を引き離し

台風で世界中に散らばらせた。

 

散らばった片割れを探す、そして元の姿に戻りたいと願う。

愛が生まれた時。

少年ハンセㇽは閉鎖された東ベルリンの中でテレビやラジオに夢中になります。

特に米軍から流れる音楽、とりわけロックに夢中になり時間を忘れて、聴いていました。

母親から愛の起源について聞かされるのもこの時期です。

アメリカのロックミュージシャンに強い影響を受けて育ったハンセルは

やがて美青年へと成長します。

ある日ハンセルは爆撃の跡地、教会の瓦礫の上で日向ぼっこをしていました。

しかも全裸で。

[アングリー・インチが生まれた時]

そこに黒人軍曹のルーサーが現れます。

ルーサーはハンセルに興味を示し恋人の仲へ。

やがてルーサーはハンセルに結婚を申し込みます。

ハンセルは結婚する事でベルリンの壁を越え自由を手にする事に

期待感を高まらせるのでした。

しかしルーサーは

「結婚は東ベルリンでしたい」

と申し出ます。

その為にはハンセルは性転換手術を受ける必要があり、これには母親も快諾し

自分の名前であるヘドウィグの名前とパスポートを渡します。

しかし手術は失敗。

股間には1インチの肉の隆起が残ってしまいます。

それはアングリー・インチ(怒りの1インチ)と呼ばれ後の

ヘドウィグ率いるバンド名へとなります。

1988年11月9日、ヘドウィグとなったハンセルとルーサーは結婚して

アメリカへ渡ります。

しかし翌年ヘドウィグとルーサーは別かれてしまいます。

ルーサーがヘドウィグの元を離れたのは結婚記念日である11月9日。

テレビではベルリンの壁が崩壊する報道が流れます。

ヘドウィグはルーサーが出ていってからスーパーのレジ打ちの女王になった事や

カツラやメイクをするようになった事を歌で表現します。

[トミー出会いと別れ]

当時色々な仕事をしているヘドウィグにはスペック将軍の赤ちゃんの子守がありました。

そこでもう1人の息子、それがトミーとの最初の出会いでした。

ヘドウィグは韓国人の妻達と小さな飲食店でライブ中を行います。

その観客の中にトミーの姿を見つけます。

トミーはヘドウィグから名刺をもらっており、ライブを見に来ていたのでした。

トミーもまたヘドウィグ同様にロックを愛する青年で

ヘドウィグはそのトミーの純粋さとロックへの憧れから

曲作り、ギター、ボイストレーニング、髪型や眉毛の作り方まで教えます。

そしてヘドウィグはトミーにトミー・ノーシスというロックシンガーとしての

名前を付けるのです。

ヘドィグとトミーがライブ活動すると徐々に人気も出てきます。

ある日父親にしかれて泣いて帰って来たトミーを慰めるヘドウィグ。

今まで一緒に暮らしていたのにキスさえした事がない二人は、その日始めて

熱いキスをします。

しかし熱いキスを求める内にトミーはヘドウィグの股間にある1インチに気づき

逃げだしてしまいます。

「この臆病もの!股間まで愛しなさいよ!」

逃げ出すトミーにヘドウィグは怒りを露わにします。

ヘドウィグは2番目の夫イツハクとバンドメンバー、マネージャーを引き連れ

ツアーを開始します。

それはヘドウィグの歌を盗作し人気ロックシンガーになったトミーと裁判で

争う為でもありました。

[ヘドウィグとトミーそしてイツハク ネタバレあり]

[ヘドウィグとイツハクの別れ]

ヘドウィグのマネージャーは裁判を有利にする為に

2人が知合いである事を証明しようと、仲の良い2ショットを盗撮しようと

画策しイベント会場に乗り込みますが失敗に終わるのでした。

怒りの収まれないヘドウィグはコインランドリーでブラジャーを乾燥機に掛けた

バンドメンバーに対し激高します。

マネージャーはヘドウィグをなだめますが、それを見ていたイツハクは怪訝な表情です。

2人目の夫、イツハクはヘドィグへの不満や活動に対しての疲れから離婚を言い放ち

1人RENTのミュージカル、エンジェル役に合格した事を告げます。

ミュージカルに参加する為にはパスポートが必要ですが

ヘドウィグはパスポートを破り捨ててしまいます。

愕然とするイツハクの体を支えながらマネージャーは

「もう私の助けも必要ないわね」

と半ばあきれた表情でヘドウィグの元を離れます。

ヘドウィグはイツハクへの嫉妬や上手くいかない事への苛立ちで

パスポートを破り捨てるような暴挙を行ったのではないでしょうか。

 

[イツハクとRENT]

イツハクは髭を蓄えた男性の姿ですが声は高く美しい女性のようです。

しかも冒頭ではイツハクはヘドウィグの女性用カツラを身に付け

うっとりとした表情をします。

作中には「RENT」のロゴがプリントされたスエットを着ているイツハクの姿もあります。

イツハクが受けたオーディションはトランスジェンダーのエンジェル役です。

「RENT」に憧れを抱くのはイツハクもトランスジェンダーで

女性から男性になったのではないかと思います。

細かいシーンでもヘドウィグはイツハクが歌うのを嫌うシーンがあります。

女性への憧れ、イツハクへの嫉妬のように感じられます。

[トミーとの再会]

資金が底を付いたヘドウィグは夜の町でたちんぼ”していると

大きなリムジンが前に止まります。

リムジンから出てきたのは、かつての恋人で今や人気のロックシンガーの

トミー・ノーシスでした。

ヘドウィグはトミーのリムジンに乗りますが無言が続きます。

トミーは自身のCDアルバムに作曲トミー&ヘドウィグと書き

仲直りします。

2人はリムジンの中で「愛の起源」を唄いますが、歌詞の一部がオリジナルと

違う事にヘドウィグは激怒します。

なんとか取り繕うとしたトミーはキスしようとした事で視界を遮られ

事故を起こしてしまい、2人は逮捕され再び関係が悪くなります。

しかしこの事でヘドウィグは知名度をあげ「全米で面白い人物100人」

選ばれます。

ライブ会場には多くのお客さんが入るようになり、マネージャーやイツハクも

戻ってきてくれました。

ヘドウィグは歌を唄いますが以前と同様に客受けは悪く、怪訝な表情が目につきます。

ヘドウィグはカツラを取り胸に仕込んでいたリンゴを取り出します。

男の姿へと戻ったヘドウィグは魂の込めた自身の唄いたい歌を唄いだします。

しだいに観客の顔から怪訝な表情はなくなりへドウィグの声に歓喜する程でした。

ヘドウィグはカツラをイツハクに付けるようにアイコンタクトをとります。

イツハクはカツラを付けると観客の中にダイブすると女性の姿となり

ステージへと運ばれシーンが変わります。

これはイツハクに自分と離しエンジェルになる事を

望んだシーンなのではないでしょうか。

ヘドウィグはパンツ一丁でカツラも胸に仕込んだリンゴもありませんが

額にはトミーのトレードマークの銀色の十字だけが光っています。

そのまま全裸でヘドウィグは夜の町へふらつきながら消えていくのでした。

 

 

[感想]

ヘドウィグが生まれた年にベルリンの壁ができ、アメリカに来てルーサーが離れた

年にベルリンの壁が崩壊しました。

ヘドウィグにしてみたらアングリー・インチを残しただけで自身の努力を全て嘲笑れた気分だったに違いありません。

最後の歌にもあるように

どんなの懸命にがんばっても

最後には

傷ついて終わり

心のカケラを失って

私の心を切り刻んで

カケラの一つはママで

もう一つは夫に

そしてロックスターに

彼は心を奪って逃げてった

体じゅう縫い傷だらけ

地図のような傷痕

それをたどれば行き着くミジメという名の場所

自分に残ったのはアングリー・インチというミジメなものだけ。

それでも

愛の起源にあるように片割れを探すヘドウィグはトミーがその片割れであったと

願っていたのではないでしょうか。

最後に裸でトミーのトレードマークの銀色の十字を額に書いたのも

トミーと同じ姿を求めていたからではないでしょうか。

男性でもあり女性でもあるヘドウィグは

太陽の子でもあり

地球の子でもあり

月の子でもあります。

そんなヘドウィグがありのままの姿で自分自身を受け入れたラストが正に

ヘドウィグにとって愛の起源のようにも感じます。

映画「ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ」を無料視聴する方法

あらすじ・ネタバレ記事で本編が気になったあなたに朗報です。

なんと無料で視聴できる方法があるので、それをお伝えいたします。

詳細は下記の記事をご覧ください。

ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ|無料で動画(日本語字幕)をフル視聴する方法!
ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチはDailymotion・YOUTUBE・9tsu・パンドラにはない? 安全に無料で視聴できる方法をご紹介します。 オフブロードウェイの大ヒットミュージカルを映画化。性転換手術を受けて米国でロックスターを目指した主人公が辿る数奇な運命。ロックに乗せた魂の叫びが胸を打つ。

この記事を読まれた方はこんな記事も読まれています



スポンサーリンク

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

ブログ更新情報をTwitterで配信中

トップへ戻る