誰も知らない【林修の今でしょ講座】卵の栄養が長寿や健康、脳、筋肉に及ぼす効果とは?健康に効果的な食べ方とは?

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

スポンサードリンク

こんにちは。

今日も猫が大好きな
kage(@cat_kagelife)です!

記事をお読みいただきありがとうございます。

みなさんは毎日卵を食べていますか?

そして1日に何個くらい食べていますか?

いやー、コレステロールの上昇が気になるから、
1週間に2,3個くらいかなー
私は1日に3個はたべるかな!
なんだか健康に良さそうだし!

色んな方がいらっしゃると思います。

ではどちらの卵の食べ方が、

健康を考える上では効果的なのでしょうか。

お分かりになりますか?

猫好きkage
んー、健康には良いけど食べ過ぎは良くないって聞いたことがあるような。。。
だから間を取って、1日に1個くらいがちょうどいいんじゃないかな、、?
さて、それはどうかなー?

みなさんはどうでしょうか?

5/10放送の、

「林修の今でしょ!講座」において、

卵に関する特集が行われていましたので、

その内容をもとに、

”卵に関する誰も知らない健康知識”

をお伝えします。

今回のポイント!

・卵を食べ過ぎると、血中コレステロールは増加するのか?

・認知症予防にも効果的って本当?

・ご長寿の方は、卵を毎日〇個も食べてる!

・筋肉や健康に効果的な卵のおすすめの食べ方

卵と血中コレステロールの関係

血中コレステロール増加というのはご認識?

たまご、たまごって言うけど、どんなに良い栄養を持っていても、血中コレステロールが増加するから、食べ過ぎは良くないんでしょ?

そのように思われる方は非常に多いかと思います。

実は私もつい最近までそう思っていました。

しかし、数年前までは、

その知識は、

「その時点では正しい知識」であったので、

そのように思っていても無理はありません。

実は、その知識が塗り替わったのは、

つい最近、

2015年のことなのです。

血中コレステロール増加とは無関係

え、じゃあ血中コレステロール増加とは無関係?

そのとおりです。

卵を食べても、血中コレステロールが増加するわけではないことが、研究結果で分かったようですね。

ただ、これは草食動物は例外のようですね。
草食動物は卵で摂取したコレステロールを分解できずに、血管の壁に蓄積されていってしまい、健康を害するようです。

後で再度、言いますが、

現在では、

卵は1日に何個でも食べてOK!

という基準になっています。

猫好きkage
ええええ!
そうなのー!?
それは知らなかったです。。

読み飛ばしてもOK!豆知識

血中コレステロールの増減というのは、肝臓の働きで決まることが多いです。

このことから、卵は無関係だったのですね。

したがって、肝臓の働きが正常な方は、自然と血中コレステロールの値も正常に保たれるわけですね。

つまり、肝臓の働きを悪くするものを食べ過ぎると、

それはそのまま、血中コレステロール増加にもつながるわけです。

認知症予防にも効果的な卵

認知症予防に効果的

卵には脳に作用する物質が含まれているため、

卵は毎日食べると、

認知症予防に効果的です

読み飛ばしてもOK!豆知識

なぜ認知症予防に効果的かというと、

コリンという物質が卵には含まれており、それが神経伝達物質の材料になるためです。

研究結果でも、卵を毎日食べると、

食べていない人に比べて、認知症発症が22%低下することが分かっています。

この成果を出すために22年間も、同じ人たちを追跡調査したというのですから、
研究者も被験者も大変ですよね。

猫好きkage
あれ?ということは、
このために被験者の半分(卵をあんまり食べさせてくれなかったほう)は、認知症になりやすくなってしまったの?
ちょっと可哀そうじゃない?
う、、、変なとこばっかりに気が付いて、、、
(;´・ω・)
きっとそれなりに被験者としての補償もあったと思うから、そのことは忘れなさい
(‘ω’)ノ

認知症だけではなく脳の働き自体にも効果的

私はまだ若いから、認知症はあんまり関係ないかな!
だから卵を食べる量もあんまり気にしなくていいでしょ?

そんなことは無いのです。

「DHA」

聞いたことくらいはあるのではないでしょうか?

猫好きkage
ああ!遺伝s
ちゃう。それはDNA。

「DHA」とは、

・血管サラサラ効果

・免疫機能向上効果

そして、

・脳の記憶能力、学習能力向上効果があると言われています。

そのため、

年齢に関係なく、卵を食べることは大切なのです。

猫好きkage
なるほど!卵を毎日食べるのが大切なのはわかった!

猫好きkage
でも1日に何個くらい食べればいいんだろう?
次に気になってくるのはそこだよね。

卵は毎日何個食べるのが良いのか

1日に食べるおすすめ個数は?

結論から言うと3個程度です。

先ほど少し触れましたが、

日本の栄養基準上では、「制限なし」になっています。

しかし、

だからといって、毎日大量に食べればよいというわけではありません。

脳に効果的な成分と共に、

卵にはタンパク質も多く含まれているため、

タンパク質の摂取しすぎにもなってしまうからです。

タンパク質を豊富に含む卵

いや、別に私はムキムキにはなりたくないんだけど。。

もちろん、

筋肉質なマッチョを目指す方には、

タンパク質は最高のお友達ですよね。

しかし、

それ以外の方、

特にご高齢の方にもタンパク質は非常に重要な栄養素です。

筋肉維持に効果的

タンパク質は先ほど述べたとおり、筋肉を作るための重要な栄養素です。

少し話は変わりますが、

ご高齢の方がケガをしやすくなる要因の一つは、

筋肉量の低下です。

筋肉量が低下することで、

自分の身体を支える力が弱くなり、

つまづきやすくなったり、

転倒しやすくなります。

それにより結果的にケガが多くなるわけですね。

では筋肉の維持にはどうすればよいのか。

そこで出てくるのがタンパク質です。

毎食、きちんとタンパク質を摂取すればよいわけですね。

一般成人であれば、1食20g程度、

高齢の方であれば、1食30g程度のタンパク質摂取があると良いと言われています。

ポイント!

もちろん、それだけではなく適度な運動も必要ですよ!

高齢の方であれば、ウォーキング程度の運動でも、筋肉維持のためならば十分です。

脂肪燃焼に効果的

卵白は、

水分以外はほぼ100%タンパク質というのをご存知でしょうか?

実は最近の研究で、

その「卵白タンパク質」には、

・脂肪燃焼効果

・肝臓に脂肪がつくのを抑える効果

が期待されています。

「期待されています」って、、、
なんか曖昧であやふやな言い方だねー
猫好きkage
だから、正直この情報は、「へーそうなんだ」くらいで聞き流してもいいかなって思ってます。
もっと重要で確実な効果が他にあるわけですからね!

猫好きkage
それより心配なのは、
この情報を鵜呑みにして、卵を爆食いするダイエッターが出ないかなっていうことです。

注意!

適度な運動や、筋トレを行なわずにタンパク質を大量摂取しても、それは脂肪になっていくだけです。
適量摂取を心がけましょう。

8倍もの違いがある効果的な卵の食べ方

ここまでで、卵の様々な効果が分かりましたよね。

となると気になってくるのが、

卵はどう食べればいいの?
ゆで卵でもなんでもいいから食べとけば良いの?

という、

「卵の食べ方」

ではないでしょうか?

番組で紹介されていたのは、

「緑黄色野菜と一緒に食べること」

そうすることで、

緑黄色野菜に含まれる「カロテノイド」という成分が効率良く吸収できるようですね。

猫好きkage
でもそれって、卵の効果的な食べ方というよりは、野菜の効果的な食べ方じゃあ、、、
それは僕も思ったけど、黙っておこう。
健康に効果的なのは、その通りだしね。

まとめ

今回のまとめ

・卵は本来は1日に何個食べてもOK!ただし卵だけでは栄養バランスが悪いので3個を目安に!

・卵を毎日食べることは、認知症予防や、脳の働き向上に効果的

・卵に含まれるタンパク質(7.5g/個)は、筋肉維持に大切な栄養素!
卵以外のタンパク質も含めて、1食20~30gのタンパク質摂取が理想的。

・卵を食べる際には、緑黄色野菜も一緒に食べると、野菜の栄養素を効果的に吸収できる

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

猫好きkage
この記事を気に入っていただけたならば、

よろしければ、↓の猫画像(ブログランキング)をポチっと押していただけると!

ランキングが上がって、めちゃめちゃ喜びます!

トップへ戻る