いしだ壱成 再々婚!お相手の飯村貴子の画像や性格、高校は?結婚遍歴も気になる!

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

出典:https://buzz-scrap.com/

記事をお読みいただき、ありがとうございます。

なんと、

俳優のいしだ壱成さんが再々婚ということで、結婚されていることが分かりましたね。

おめでとうございます。

ただ、お相手がどんな方が全く知らないので、

早速調べてまとめてみました。

ご興味がある方の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

飯村貴子さんとは?

芸能経歴は?

出典:https://maga-maga.info/

氏名     飯村貴子(19歳)

生年月日   1998年10月6日

身長     162cm

スリーサイズ 87-60-85

特技     ダンス

飯村貴子さんは、

6歳の頃から芸能活動を始め、

2011年からはA-LIGHT(エーライツ)という事務所に所属し

舞台や映画、テレビCMなどで活躍している若手女優です。

映画

「いつか、どこかで」上原香澄役

舞台

大阪の新歌舞伎座 「長崎ぶらぶら節」サダ役

「ハッチ2011」たかこ役

「こもれびの中で2011」たかこ役

劇団6番シード「オレンジ新撰組リタンーズ」蜜柑役

「午前5時47分の時計台」


いしだ壱成さんと飯村さんは、上記の舞台「午前5時47分の時計台」での活動において、共演して知り合ったとのことです。

この段階から仲の良さそうな雰囲気が伝わってきますよね。

出身高校は?

この写真から、

噂では学校法人 日出学園の日出高校なのでは?

というよう言われています。

この学校、

私は恥ずかしながら初めて聞いたのですが、

芸能コースなどもあり、

芸能人が多く通われている高校なのですね。

確かに撮影などで多忙な芸能活動をされている飯村さんには、普通の高校では通うのが難しいですよね。

飯村貴子さんの性格は?

こちらは京都に行かれた時の動画のようですね。

私の目には大人しそうな雰囲気で性格がよさそうな方に見えます。

ただ、これをうがった目で見ると、「あざとい」とか言われてしまうのでしょうか?

これが演技だとは思いたくはないので、

飯村さんの性格は良さそう、ということにします。

東京です。 友達にあってくるよ 花粉で顔がぱんぱん

飯村 貴子さん(@takako_iimura)がシェアした投稿 –

頻繁にSNSに投稿をしていることから、

芸能活動をされる身として、少しでも名前を広めようという感じが伺えます。

これは目立ちたいとかそういうことではなく、芸能人として普通のことだと思いますので、頑張ってほしいですね。

(芸能人なのである意味目立ちたいというのは合っているのかもしれませんが)

いしださんの結婚遍歴は?

いしだは2006年に結婚し、離婚。

その後、14年に11歳年下の一般女性と再婚したが、昨年10月に離婚した。

2度目の離婚の際には、いしだの厳しい家庭内ルールが離婚の原因だったことが話題になった。

厳しい家庭内ルールというのが気になりますね。。。

#あとで調べて追記いたしますね。

いしだ壱成さんとの結婚までの経緯は?

出典:https://newsyo.jp/

昨年11月に交際が発覚し、いしださんが会見し、交際を宣言。

会見では24歳年下という年齢差と、「たーたん」「いっくん」と呼び合うカップルぶりに、記者たちを驚かせたと言われています。

飯村 貴子さん(@takako_iimura)がシェアした投稿


インスタ、Twitterなどでも、

その熱愛ぶりが堂々と公表されており、

もはや結婚まで秒読みとまで言われていたようですね。

頼んだらサンリオに連れて行ってくれるなんて、

いしださん優しいですねー。

2人の仲の良さが伺えます。

また飯村さんは、

いしださんの父親である石田純一(64)さんにも、

テレビ番組の中で紹介済みであったらしいですね。

確かにこれは、結婚まで秒読みですよね。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

19歳ということで、

上記Twitterにあるとおり、

昨年3月に高校を卒業されたばかりです。

ただ、お父上の石田純一さんも22歳年下の東尾理子さんとご結婚されているので、

「ああ、、血筋かな、、( 一一)」

と、皆様思われたのではないでしょうか。

24歳差という関係が幸せに続くのか、

幸せな結婚生活が続くことを祈っております。

おめでとうございます。

この記事を読まれた方はこんな記事も読まれています



スポンサーリンク

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

ブログ更新情報をTwitterで配信中

トップへ戻る