ひざ裏伸ばしストレッチ壁ドン体操の方法とやり方は?膝痛や腰痛等に効果抜群!【名医のTHE太鼓判】

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

記事をお読みいただき、ありがとうございます。

4/2放送の「名医のTHE太鼓判!」において、

身体の痛み改善のために、

『壁ドン体操』

というものが紹介されていましたね。

私はあの番組で壁ドン体操が紹介されると聞いてから、次のことが気になっていました。

「壁ドン体操ってなんだろう?」
「どんな症状のときに、どんな効果があるんだろう?」

したがって、今回はその壁ドン体操に注目し、

やり方や方法についてご紹介したいと思います。

今回の記事のポイント

・壁ドン体操とはなにか

・壁ドン体操のやり方

・注意点について

スポンサードリンク

壁ドン体操とは

今回この記事でご紹介するのは、

川村明医師が紹介されている「壁ドン体操」であり、

ヨガストレッチに近い形のものです。

「え!?ヨガ!?体が固いからヨガなんてムリ!」

と、思われた方も大丈夫です!

ヨガストレッチとは言っても、

難しいことは一切なく、ご高齢の方でも出来るものなんです!

壁ドン体操の効果とは?

この壁ドン体操を行なうことで、次のような効果があります。

・アキレス腱・膝裏・大腿の裏側のストレッチ効果
・臀部、脚部の強化により、上半身を支える力が強まる
・体幹が鍛えられ、臓器の血行がよくなり、免疫力と代謝が増す

なんですかこれは!?

いいことだらけじゃないですか!

実例のご紹介

では実際に壁ドン体操を行なった方の、成果を見てみましょう。

お、驚かないでくださいね。。。

らくらくブリッジ完成 83歳のおばあちゃん!

ベターっと開脚できる75歳のおばあちゃん!

出典:https://ddnavi.com/

これは、、、

本当にすごいですね!

若い方ならまだしも、中年の方でもこんなことを出来る人は少ないですよね!!

写真のみなさんは、少し前までは、寝たきり予備群と呼ばれていたり、体に痛みがあって座ることさえむずかしかったりした方々です。川村医師の指導に従って、毎日1回5秒のポーズを続けただけ! 多くの方が体と心の健康を取り戻し、若返って復活しました。
(引用:https://ddnavi.com/)

少し前までは「寝たきり予備軍」!?

とても信じられませんよね。

これは壁ドン体操をやりたくて仕方が無くなってきました!

壁ドン体操のやり方

壁ドン体操の方法は?


出典:https://ddnavi.com/

①壁に向かって、両足を前後に広げます。

後ろ足のカカト、膝を、ピンと伸ばします。

②前足を曲げ、お腹とお尻に力を入れて、

「1、2、3、4、5」と数えながら、5秒間、壁をおします。

③終わったら、それを左右交互にやります。

(参考:https://ameblo.jp/kawamura-akira)

なんと、、、

たったこれだけですか!?

これなら、思い立ったときに容易にできますね。

むしろ今すぐできますよね!

他にも効果的な体操はあるの?

他にも、

壁ピタドローイン

ワン・ツー・スリー体操

というようなものがあり、

同じく簡単な動きで、驚くような効果が出るそうです。

それらの動きの詳細は、

川村医師の著書

「5秒 ひざ裏のばしですべて解決 ― 壁ドン! 壁ピタ! ストレッチ」

をご参照ください。

きっと、壁ドン体操に加えて、他の動きも行えば、驚くような身体の若返りが見られそうですね。

お孫さんを抱っこや肩車したり、

一緒に公園で遊んだりする、なんてことも出来るようになるかもしれません!

楽しみですね!

スポンサードリンク

壁ドン体操を行なう際の注意点

膝が痛いんだけど大丈夫?

膝が悪くても、痛くない程度に足を広げれば、できますし、逆に効果を高めたいなら、足を大きく広げればいいです。

特に、膝裏を伸ばす効果が抜群ですので、膝が気になる方は、お勧めです。

(引用:https://ameblo.jp/kawamura-akira)

ということなので、

膝が痛い方でも安心ですね!

注意点はなにかあるの?

膝に、水が溜まったり、腫れていたり、ご自分の痛みが強い時は、控えてください。

また、一瞬のうちに、身体の筋肉を使いますので、目を閉じてされると、フラっとする可能性がありますので、目を開けてされてくださいね。目をあけてれば、大丈夫です。

(引用:https://ameblo.jp/kawamura-akira)

という注意点もあります。

膝に極度の痛みや、水が溜まるなどをしている場合には、これは行わないほうがよさそうですね。

まとめ

◆壁ドン体操は、脚部のストレッチや強化、そして体幹強化による臓器の血行促進という効果があるといわれている。
◆壁ドン体操の方法は、壁に手をつきながら足を伸ばすだけであり、高齢者の方でも容易に行なうことが可能である。
◆壁ドン体操以外にも、川村医師がお勧めされている体操、ストレッチは他にもあるため、詳細は著書(上記参照)をご確認いただきたい。

いかがでしたでしょうか。

壁ドン体操、思ったよりも簡単にできそうですよね!

私は身体が固く、前屈で床に手をつくこともできないのですが、

早速壁ドン体操を始めてみたいと思います!

膝や腰などに痛みをお抱えの方、

柔軟性を養いたい方の参考になれば幸いです。

記事をお読みいただき、ありがとうございました。

この記事を読まれた方はこんな記事も読まれています



スポンサーリンク

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

ブログ更新情報をTwitterで配信中

トップへ戻る