松田かのん(華音/カノン)のWiki風プロフィールや韓国人の噂は本当?【初耳学】

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

松田かのん(華音/カノン)

こんにちは。

今日も猫が大好きな
kage(@cat_kagelife)です!

記事をお読みいただきありがとうございます。

羽生結弦選手が絶賛する美人ピアニストとして、

6/3の「林先生が驚く 初耳学!」にて、

初耳ピーポーとして紹介された女性がいましたね。

ピアニストの松田かのん(華音/カノン)さんです。

そんな松田かのん(華音/カノン)さんですが、

番組を観てこんなことが気になってしまいました。

松田かのん(華音/カノン)さんのWiki風プロフィールが知りたいけどあるかな?
ネット検索に「松田カノン 韓国」って出るけど、もしかして韓国人のハーフとか?

皆さんは気になりませんでしたか?

スポンサードリンク

松田かのん(華音/カノン)のWiki風プロフィール

松田かのん(華音/カノン)

やはりお写真で見ても、松田かのん(華音/カノン)さんは美人な方ですよね。

そんな美人ピアニスト松田かのん(華音/カノン)さんのWiki風プロフィールからご紹介いたします。

松田かのん(華音/カノン)の基本プロフィール

松田かのん(華音/カノン)

プロフィール

生年月日:1996年5月2日(22歳)(2018/6/2時点)

出身:香川県高松市

学歴:グネーシン記念中等(高等)音楽専門学校ピアノ科

師匠:細田淑子、エレーナ・ペトローヴナ・イワノーワ

家族構成:父、母、弟

学歴がすごいですよね。

後述の略歴を観ていただければ分かりますが、

幼少の頃よりロシアにて修行をされているため、

最終学歴がロシアの学校になっています。

松田かのん(華音/カノン)の略歴

4歳でピアノを始め、

6歳で渡露。モスクワへと向かう。

エレーナ・ペトローヴナ・イワノーワに師事、翌年ロシア最高峰の名門音楽学校、モスクワ市立グネーシン記念中等(高等)音楽専門学校ピアノ科に第一位で入学

エドワード・グリーグ国際ピアノ・コンクール(モスクワ)グランプリ受賞他、多くのコンクールで優勝を果たす

国立アレクサンドル・スクリャービン記念博物館より2011年度の「スクリャービン奨学生」に選ばれ、

2013年2月にはモスクワ市立グネーシン記念中等(高等)音楽専門学校で外国人初の最優秀生徒賞を受賞。

2014年同校を首席で卒業。

2014年9月、モスクワ音楽院に日本人初となるロシア政府特別奨学生として入学

2014年11月ドイツ・グラモフォンよりCDデビュー。

2017年6月に最新アルバム「展覧会の絵」をリリースした。

すごい経歴をお持ちですよね。

6歳でロシアに渡ったという時点ですごいですし、

その後も、

首席入学や、コンクールでの優勝など、

さすがと言わざるを得ない経歴です。。

あの羽生選手が絶賛するのも分かりますよね。

⇒松田かのん(華音/カノン)さんの演奏動画記事はコチラ♪

松田かのん(華音/カノン)が韓国人の噂って本当?

松田かのん(華音/カノン)

検索に「松田カノン 韓国」って出るんだけど、、もしかして韓国人のハーフとかなの?

これは普通に私が思った疑問なのですが、

同じように思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、全くそんなことはなく、

松田かのん(華音/カノン)さんは韓国とは無関係です。(韓国料理が好きとかはあるかもしれませんが)

この理由ですが、

文字違いの同姓同名「松田カノン」さんという方がいらっしゃるらしく、

その方が韓国に関する有名なライターさんのようですね。

そのため、ネットでの予測検索に、

「松田カノン 韓国」

と出てきたわけですね。

ということで、

松田かのん(華音/カノン)さんは韓国人でもハーフでもなく、

日本人でした。

松田かのん(華音/カノン)のまとめ

今回のまとめ

・松田かのん(華音/カノン)さんは幼少よりロシアに留学された才女

・松田かのん(華音/カノン)さんは韓国とは無関係

松田かのん(華音/カノン)さんの生演奏が聴きたい!

そんな方は下記の記事をご覧ください♪

羽生結弦のピアニスト(美人)はだれ?松田かのん(華音/カノン)のコンサート予定はいつ【初耳学】
羽生結弦絶賛の美人ピアニストをご存知ですか? 羽生ファンが嫉妬する美人ピアニスト松田かのん(華音/カノン)のプロフィール、コンサート予定やCD情報についてお伝えいたします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

猫好きkage
この記事を気に入っていただけたならば、

よろしければ、↓の猫画像(ブログランキング)をポチっと押していただけると!

ランキングが上がって、めちゃめちゃ喜びます!

この記事を読まれた方はこんな記事も読まれています



スポンサーリンク

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

ブログ更新情報をTwitterで配信中

トップへ戻る