【速報】キングダム実写映画化!主演_信役や公開日が気になる!実写失敗が心配!

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを


出典:https://www.cinra.net/ 

記事をお読みいただき、ありがとうございます。

「キングダム 待望の実写映画化!」

という発表がされましたね!

※上記画像は10周年記念時の特別実写映像です。

主演の信役、そして他のメインキャストは誰なのか!?
公開日はいつなのか!?
マンガ実写によくある大失敗が心配!

そんな辺りが、キングダムファンとしては気になりますよね!

今回はその点を中心にお伝えします。

キングダムとは

出典:Twitter@ms_book

「キングダム」は、紀元前の古代中国、春秋戦国時代の秦国を舞台に、身寄りのない戦争孤児の少年・信が、後の始皇帝となる政と運命の出会いを果たし、「天下の大将軍」という夢を胸に戦場に繰り出してゆく歴史大河漫画。

2012年には NHK BS プレミアムでアニメが放送され、2013年には第17回手塚治虫文化賞を受賞。累計発行部数は3,500万部を突破しており、絶大な人気を獲得している。

(引用:https://www.cinematoday.jp/)

史実を描いた歴史漫画というのはどうも固くなりがちで、

かつ説明的な場面も多く退屈になるものが多く見受けられます。

しかし、このキングダムというマンガは違います。

史実に忠実に描いていながら、

クスっとわらってしまうシーンや、

本当に鳥肌が立ってしまうような熱いシーン、

そんな内容が盛り込まれた、大人でも、大人だからこそ楽しめるマンガなのです。

その証拠に、累計発行部数3500万部という結果がそれを表しています。

余談ですが、

女優の広瀬アリスさんもキングダムは大好きで、

ロケ先に40冊以上のキングダムを持っていくほどだとか。。

そこからも、女性でも非常に楽しめるマンガだというのが分かりますよね。

実写化に対する心配

マンガの実写映画化、、、

嬉しいという思いと同時に、

「がっかりすることにならないかな」

「マンガは漫画のままであってほしい」

というファンの方もいらっしゃるかもしれません。

私もキングダムは特にお気に入りの漫画の一つであり、

大ゴケなんてことになって、キングダムのイメージが崩れてしまうのが少しこわいですね。

しかし、

「この1年、脚本会議にも加えて頂き、意見を尊重して頂き、感謝しております」という原は、

「納得の脚本です!! 予算も破格!! キャストの皆様も超豪華!! 絶対面白いです!!(撮影はこれからですが!)」

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/)

という、作者の原さん自らのコメントも挙がっています。

作者の方がここまで仰るということは、、、

これは期待してもいいのではないでしょうか!!

それにしても、1年も脚本会議を行なっていたという点と、

それに原作者も参加していたという点、

この実写映画化への本気度が伺えますよね。

出典:https://www.cinematoday.jp/

キャストや公開日は?

出典:https://www.cinematoday.jp/(C)原泰久/集英社

「予算も破格!! キャストの皆様も超豪華!! 絶対面白いです!!(撮影はこれからですが!)」

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/)

キャスト情報は現時点では残念ながら未発表のようです。

しかし、作者の上記コメントによると、既にキャストは決定しており、

超豪華とのこと!

これは期待が高まりますね!

ちなみに連載10周年記念として特別映像が作成された際は、

信役を山崎賢人、ホウ煖役を五城健児、女剣士・羌カイ役を山本千尋が務めていました。

その役者の一部が踏襲されるのか、

または一新されるのか、

そこも注目ですね!

キャスト情報が発表され次第更新いたします。

今は10周年記念の動画で一旦満足しておきましょう。

※下記は今回発表の実写映画ではありません。

キングダム連載10周年実写特別動画(主演:山﨑賢人)KINGDOM SPECIAL MOVIE

まとめ

◆実写映画化は発表されたがキャストや公開日は追って発表
◆実写化の失敗が心配だが、1年に渡る脚本会議、そしてそれへの原作者の参加と太鼓判、これにより大きく期待ができる

いかがでしたでしょうか。

キャストの発表や、公開日の発表、

撮影はこれからですが予告編の公開などが楽しみですね!

発売予定最新刊 (2018/4/8時点)

最新刊 (2018/4/8時点)

この記事を読まれた方はこんな記事も読まれています



スポンサーリンク

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

ブログ更新情報をTwitterで配信中

トップへ戻る