小室圭さんの婚約者(フィアンセ)をなぜ削除?眞子さまのフィアンセではない?

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

こんにちは。

今日も猫が大好きな
kage(@cat_kagelife)です!

記事をお読みいただきありがとうございます。

秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さまと、

婚約が内定している小室 圭さんですが、

眞子さまの「フィアンセ」と紹介していたウェブサイトが書き換えられていることが分かったようですね。

ん?婚約してたんじゃないの?

と、なんだかよく分からなくなってしまったので、

皇室のルールと共にその辺りを解説してみたいと思います。

小室圭さんのフィアンセという表記が削除?

秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約が内定している小室さんは、8月から、米国での国際弁護士資格取得のために、ニューヨークのフォーダム大学ロースクールに3年間の留学を予定していますが、

同大学がホームページ上で、「日本のプリンセス・マコのフィアンセが入学へ」と表記している件に対し、宮内庁が現時点で婚約をしていないと通達し、

フィアンセの表記が削除されたようですね。

そのため、世間では、

「去年9月の婚約内定会見は一体なんだったの?」
「小室さんは婚約者とばかり思っていた」

という声が挙がっているようです。

正直私も同じように思っていたので、

何が何だか分からなくなってしまいました。

皇族と一般人の「婚約」の違い

そこで、まず、

「婚約」というものについて、

一般人と、皇族の方とでどのように違うのか整理してみましょう。

一般人の場合

そもそも法的に、

婚約は、口頭の“合意”によって成立します。

言ってみれば、『結婚しよう』プラス『はい』で成立するわけですね。

そういった意味では、お二人も、どこかで“プロポーズ”と“返答”があったでしょうから、法律上の婚約は成立していると思われます。

したがって、一般人の観点から言えば、お2人の婚約は成立されているわけですね。

皇族の場合

皇室には、昔、『皇室親族令』という皇室令がありましたが、現在は廃止となっています。

しかし、その中の「納采の儀」というものは伝統として残っており、これを経て、初めて婚姻となるようですね。

小室圭さんと眞子さまの婚約は成立していない?

さきほど述べたとおり、お2人の納采の儀は行われていないため、皇室上は婚約は成立されていないということになります。

じゃあ婚約破棄しても問題はないの?

一般的には婚約破棄は、男性は結納金倍返し、女性は結納金放棄となっていますが、

お2人の婚約は成立していない以上、このような制約も発生しません。

小室さんの家族の借金問題により、世間では「眞子さまにふさわしくない」と結婚に反対する意見が噴出し、

また3年間の米国留学によって「結婚が遠のいた」ともいわれる中、

万が一にもご婚約の内定が、、、

という可能性もゼロではないでしょう。

それに対し、皇室問題に詳しい弁護士は

お二人は、皇室としての“婚約”をしておりませんので、今後、どうとでもなります。

(引用:http://www.cyzowoman.com/)

というように述べています。

もちろんそのようなことにはならずに、眞子さまには幸せになっていただきたいですが、

一般人と皇族ではそのような違いがあるのですね。

スポンサードリンク

まとめ

今回のまとめ

・一般人は口頭でのプロポーズで婚約成立。皇族は納采の儀で婚約成立となるため、眞子さまと小室圭さんはまだ婚約成立ではない。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

猫好きkage
この記事を気に入っていただけたならば、

よろしければ、↓の猫画像(ブログランキング)をポチっと押していただけると!

ランキングが上がって、めちゃめちゃ喜びます!

この記事を読まれた方はこんな記事も読まれています



スポンサーリンク

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

ブログ更新情報をTwitterで配信中

トップへ戻る