メダル獲得による収入がヤバい小平奈緒の年収はいくら|スポンサーはどこ|A-Studio

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

こんにちは。

今日も猫が大好きな
kage(@cat_kagelife)です!

記事をお読みいただきありがとうございます。

小平奈緒

出典:http://irodori-terrace.com/

平昌オリンピックにて見事メダルを獲得された、

小平奈緒選手。

5/18放送のA-Studioに出演されていますね。

金メダルと銀メダルの2つを獲得という、

素晴らしい成績を残されましたが、

「すごい!」

と思ったあとに、

「もらえるお金もすごいのかな、、?」

なんて思ってしまいませんでしたか?

小平奈緒選手の平昌オリンピックによる収入や、年収が知りたい!

ということで、今回の記事では、小平奈緒選手のオカネにまつわる話をしたいと思います。

スケートに対する想いとか、そういうものはきっとA-Studioの放送で話してくれると思いますので、

この記事では大っぴらには聞きにくいことを皆さんにお伝えしちゃいますね。

平昌オリンピックでの収入は?

小平奈緒

出典:https://www.joc.or.jp/

オリンピック。

日本の代表。

選ばれるだけでも素晴らしいことですよね。

さらにそこでメダルを獲得した日にはもう、日本の英雄といってもいいくらいだと思います。

でもメダリストにはもう一つ嬉しいことがあります。

それが報奨金です。

下世話な話をするなと怒られそうですが、

メダリストも人間ですから、お金をもらったら普通に嬉しいと思います。

ということで調べてみました!

気になって仕方が無くなってきたので!

報奨金は2種類!

どうやら、スケート競技でオリンピックメダルを獲得した場合に、報奨金を出してくれる団体は2つあるようですね。

1つ目が日本オリンピック委員会。

2つ目が日本スケート連盟です。

いずれの団体も、メダルに応じて同額の報奨金のようですね。

金メダル:500万円

銀メダル:200万円

銅メダル:100万円

金と銀の格差がやはりすごいですね。。。

ということで、

金メダルと銀メダルを獲得した小平奈緒選手は、

500万+200万=700万円をそれぞれから、

つまり1400万円の報奨金を得た、ということですね。

お金目的に今まで努力されたわけではないと思いますが、

メダルという栄誉と一緒に、

こんな大金を得られたら、それは嬉しいですよね。

それ以外の収入やスポンサーは

スポンサーはどこ

今年はたまたまオリンピックがあったため、

先ほどの報奨金がありましたが、

それ以外の何もないシーズンはどうなっているのでしょうか。

小平奈緒選手は長野県の総合病院である、

相澤病院のスタッフということになっています。

そしてその相澤病院から遠征費などのサポートを受けているそうです。

サポートという曖昧な言い方ですが、スポンサーとほぼ同じと考えても良いと思うので、

その相澤病院がスポンサーということになりますね。

賞金以外の収入は

相澤病院のスタッフという扱いなので、

病院スタッフとしての給料は毎年出ていると思われます。

一般平均から算出すると400万前後になるでしょうね。

しかしさらに、その給与に遠征費などのサポート費用も合わせると、

年間1000万円が病院から出ているとのことです。

給与部分を引くと、サポート費用が600万程度ということになりますが、

そんなにかかるものなのですね。。。

しかし、どうなんでしょうね。

確かに今回小平奈緒選手は大活躍をしました。

それに伴いスポンサー扱いの相澤病院の宣伝効果も莫大なものになったとは思います。

でも結局は病院なんですよね。

長野にある病院。

宣伝効果は長野県内に留まって、それ以上の効果は無いのではないでしょうか。

わざわざ東京からその病院に受診に行ったりはしないですよね?

なんて、深読みをしてしまいましたが、

長野県内だけの宣伝効果だけでも十分病院側にメリットがあると考えての、相澤病院のサポートだと思うので、

変な心配はやめときます。

まとめ

今回のまとめ

・小平奈緒選手の基本的な年収は約400万。それに遠征費をプラスして年間1000万近くが、所属している病院から支払われている。

・今回の平昌オリンピックでの報奨金合計は1400万、つまり今年の年収は約1800万円と推測できる。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

猫好きkage
この記事を気に入っていただけたならば、

よろしければ、↓の猫画像(ブログランキング)をポチっと押していただけると!

ランキングが上がって、めちゃめちゃ喜びます!

この記事を読まれた方はこんな記事も読まれています



スポンサーリンク

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

ブログ更新情報をTwitterで配信中

トップへ戻る