【VS嵐 5/10次回予告】快挙を達成したチームパシュートってなにもの?

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

こんにちは。

今日も猫が大好きなkage(@cat_kagelife)です!

記事をお読みいただきありがとうございます。

前回の「VS嵐」は面白かったですね。

櫻井翔さんが相手チームになるという珍しいシチュエーションだったり、

「サプライ翔」というトレンドワードが飛び出したりと、

面白い回でした。

では、

次回の「VS嵐」がどんな内容か気になりますよね。

今回はその点をお伝えいたします。

次回の対戦相手はチームパシュート!

チームパシュートってなに?

平昌五輪のスピードスケート女子チームパシュートで金メダルを獲得した菊池彩花、高木菜那、高木美帆、佐藤綾乃の4選手のことのようですね。

そもそもパシュートってなに?

パシュートとはスピードスケートの追い抜き競技です。

1チーム3名で、

1試合2チームでの対戦となります。

したがって、この前のオリンピックですと、

1試合は、日本(3名) 対 どこかの国(3名)

という形で行われるわけですね。

それを繰り返して金メダルまでたどり着いたわけです。

どういうルールなの?

まずスタート方法が特殊なので、そこだけ最初に話します。

先ほど1つの試合は、2チームで対戦すると話しました。

そのそれぞれのチームはスピードスケートのコースの、

ちょうど正反対の位置からそれぞれスタートします。

つまり、両方が追いかけっこをするようなイメージですね。

なので、全く同じ速さならば、その距離は変わらず、追いつくことは一生無いわけです。

ここまでは大丈夫でしょうか?

勝敗はどうやってつくの?

・相手チームを追い抜いてしまう

・ゴールタイム(同チームの最後の選手がゴールラインに達した時のタイム)が速いほう

このいずれかの場合に勝敗がつきます。

しかし前者の場合はよほど実力差が無いかぎり起こらないので、

後者が一般的だと思われます。

パシュートには「追い抜き」という意味があるのですが、

その理由が2つあります。

一つは先ほどの勝敗条件の前者、

「相手チームを追い抜く」というところですね。

もう一つは味方内での追い抜きです。

ゴールタイムは3人目の選手がラインに達したときなので、

誰でも良いのですが、

ということは、

誰か一人だけ早くても意味がなくて、

全員でフォローしあってゴールすることが大切なわけですね。

そうなると、3人一緒に滑るわけですが、

先頭は風避けで消耗するため、

競技中に味方内で順番を変更して(追い抜きをして)いくわけです。

それが名前の由来の二つ目です。

なんとなくパシュートが分かりましたでしょうか。

次回の見どころは?

そんなパシュート競技で金メダルを取った方々なので、

間違いなく身体能力は高いと思われます。

なので、次回の見どころは、その身体能力が高い選手たちが、

各アトラクションをどのように華麗にクリアしていくか

というところですよね。

予告編を観ると、

あらゆるアトラクションでものすごい光景が出ていましたね。

そしてナレーションによると、

番組の最後に、

番組史上初めての奇跡が起こるそうです。

これが一番期待してしまう見どころですよね。

オリンピックで金メダルを獲得したように、

VS嵐でも何かとてつもないことを起こしてくれたのですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

来週の、

嵐も成し遂げられなかった奇跡

というのが気になりますよね!

来週もいつも通り、

5/10(木)の19時から放送予定です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

猫好きkage
この記事を気に入っていただけたならば、

よろしければ、↓の猫画像(ブログランキング)をポチっと押していただけると!

ポチっと押していただけるだけで、めちゃめちゃ喜びます!

この記事を読まれた方はこんな記事も読まれています



スポンサーリンク

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

ブログ更新情報をTwitterで配信中

トップへ戻る