阿部寛新作映画「のみとり侍」|口コミレビューや新作邦画作品も紹介

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

出典:https://www.fashion-press.net/

今回は阿部寛さんの良い笑顔で始めてみました。

今日も猫が大好きな
kage(@cat_kagelife)です!

記事をお読みいただきありがとうございます。

突然ですが、

阿部寛さん、かっこいいですよね!

なぜ阿部寛さんの話になったかというと、

最近、阿部寛さんがバラエティ番組によく出演されるなーと思っていたら、

もうすぐ映画が公開されるのですね。

阿部寛主演新作映画『のみとり侍』ってどんな映画?

ということで、

阿部寛さんの新作映画が気になって、この記事を書くことにしました。

『のみとり侍』の概要や予告編は?

映画概要

出典:http://eiga.com/

長岡藩のエリート藩士・小林寛之進は、運悪く藩主の機嫌を損ねてしまい、猫の「のみとり」の仕事に就くよう命じられる。

それは文字通り猫ののみを取って日銭を稼ぐものだが、実際は床で女性に愛をお届けする裏稼業であった。

長屋で暮らすのみとりの親分・甚兵衛のもとで働きはじめた寛之進は、初めてののみとり相手であるおみねから下手くそと罵られたものの、伊達男・清兵衛の指南によって腕を磨いていく。

そんな中、老中・田沼意次の失脚を受けてのみとり禁止令が敷かれ、寛之進らは突如として犯罪者扱いされてしまう。

(引用:http://eiga.com/movie/)

「猫好きkage」

なんていう名前でブログを書いている身としては、猫の蚤を取る仕事についた侍の話なんて、絶対観なくては!

と思いきや、、、

実はそんなお仕事ではなかったのですね。。

残念です。。

でもこれはこれで面白そうですね。

早速予告編も観てみましょうか。

予告編動画

映画 『のみとり侍』 予告編 1分30秒

あらすじを文面だけで読むと、

「深刻な雰囲気がする映画」だったり、

「ちょっと友達とは観に行くと気まずい空気が流れる映画」なのかな、

と思っていました。

でも予告編を観ると、その印象は大きく変わりますね。

もちろんその手のシーンはありますが、

阿部寛さんの演技が上手いのか、

演出が上手いのか、

両方ありきでしょうね。

笑いに変わってしまうようなシーンが多く、

友達同士でも楽しんで観れそうですよね。

では、実際に試写会などで観た方の口コミはどうなのでしょうか。

口コミやレビュー情報は

若い子から観たら理解が難しいかもしれないけれど、何と言うか…
忘れてはいけない日本の心みたいなエキスがたっぷりと入っているような映画。

真面目で不器用(下手くそ?)な侍・寛之進役の阿部寛さんが最高ーです。
益々ファンになった。(原文ママ)

(引用:http://eiga.com/movie/)

今回はなんと行っても、阿部寛さんの演技に感動!

阿部寛さんの一途で真面目な男気が、この不真面目な世界を一色させてくれているのが不思議でした。(原文ママ)

(引用:http://eiga.com/movie/)

というように、

絶賛するコメントばかりでしたね。

もちろん試写会の段階なので、

まだまだレビュー数は少ないのですが、

それでもここまで褒められてる映画も珍しいです。

公開されたらもう一度観に行くと仰っている方もいらっしゃいましたからね。

これはヒットしそうな予感がしますが、

惜しいのは、R15の作品なのですよね。

なので、年齢関係なく楽しめる、っていう作品ではないため、

大ヒットは難しいかもしれません。

猫好きkage
大ヒットが難しいと言っているのは、もう一つ理由があります。
なになに?
猫好きkage
それは5月は新作邦画が非常に多いんですよね。

他の5月公開新作邦画は何があるの?

のみとり侍は5/18公開ですが、

他に5月は邦画の新作公開が目白押しなのです。

せっかくなので、

その中から注目作品を3作品ほどご紹介いたします。

公開中 『ラプラスの魔女』

こちらは宣伝が非常に多くされているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

嵐の櫻井翔さんが主演の映画ですね。

ただ、個人的には内容が少し小難しい気がするのと、

映画でわざわざやる必要があるほどか、

という気がしています。

映画というのはお金を払って、

映画館に入り、

そして作品の世界に没入するのが、映画の魅力だと思っています。

ただ、この作品は予告編を観る限り、とある殺人事件から始まります。

刑事がたくさん出てきて、

聞いたことがない被害者の名前が出て、

なんか捜査が始まって、、、、

小説もそうなのですが、

この手の作品は全然頭に入ってこないんですよね。

舞台が日本であり、

非日常な世界観でもなく、普通の日常世界である場合には、

「主人公に感情移入ができる」か、

「映画ならではの、あっと驚くシーンで始まる」などの演出が無いと、

最初の置いてけぼり感のまま、作品が終わってしまいそうです。

つらつらと個人的な映画観を書いてしまいましたが、

ラストシーン近くはお金がかかってそうでしたので、

推理小説がお好きな方や、

櫻井翔ファンの方にはおすすめの作品ですね。

映画 『ラプラスの魔女』予告編

5/25公開 『恋は雨上がりのように』

個人的に観たいのはこの作品です!

まあ、理由は大泉洋さんが好きだからなんですけどね。(笑)

コメディ要素のある邦画はあまり観ないのですが、

大泉洋さんだけは別です。

絶対に笑う自信があります。

また、内容的にも、

女子高生が45歳のおっさんに恋をするという、

男性陣には夢のような展開なので、

そういう意味でも観たい作品です。

映画『恋は雨上がりのように』予告編

5/25公開 『友罪』

問題はこちらの作品なんですよね。。

結論から言うと、

映画館で観ることはないですが、

自宅でDVDでならば観たいかな、

という作品です。

予告編を観ていただければ分かるようにかなり踏み込んだ作品です。

人によっては根本的に受け付けない、観たくない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私個人の感覚としては、

わざわざ高いお金を払ってまで映画館で観たくはないかな、

というところです。

映画 『友罪』 予告編

まとめ

今回のまとめ

・のみとり侍は、タイトルとは異なり〇〇〇をする映画

・しかし、演出によりコミカルに描かれているため、友達同士でも気まずくはならない映画、、、のはず。

・5月公開の邦画は非常に多く、公開中の某少年探偵映画の興行収入がとてつもない状況になっているので、大ヒットは難しいかも。

・他の新作邦画で個人的におすすめなのは「恋は雨上がりのように」。特に自分をおっさんだと認識している男性(私も含む)には是非観てほしい作品。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

猫好きkage
この記事を気に入っていただけたならば、

よろしければ、↓の猫画像(ブログランキング)をポチっと押していただけると!

ランキングが上がって、めちゃめちゃ喜びます!

この記事を読まれた方はこんな記事も読まれています



スポンサーリンク

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

ブログ更新情報をTwitterで配信中

トップへ戻る