映画「ただ君だけ」|あらすじ/ネタバレ/感想を網羅!

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

韓国映画「ただ君だけ」のあらすじとネタバレです。

元ボクサーでありながらアルバイトをしながらボクシングとは無縁の生活していたチョルミンと、アルバイト先に突然現れた盲目のジョンファとの現在と過去が繋がる切ないラブストーリーです。

出典:https://www.amazon.co.jp

【韓国映画「ただ君だけ」あらすじ】


出展:https://eiga.com/

【チョルミンとジョンファの出会い】

駐車場の管理アルバイトをしていたチョルミンの元に、突然女性が現れ食べ物を手渡してきます。
戸惑うチョルミンが声をかけると女性は驚き、退職したおじさんとチョルミンを間違えたことを謝罪して出て行きます。

女性の目が見えないことに気づいたチョルミンは、雨の中出て行った女性を追いかけドラマを見て行くように声をかけます。

退職したおじさんと見ていたドラマを一緒に見る二人。
それから二人は毎晩一緒にドラマを見るようになります。

【チョルミンの生活、ジョンファの生活】

ジョンファはコールセンターで働いていました。
一息ついて同僚と話していると、チーム長が声をかけてきます。
話をしている間ずっと肩を揉まれ、チーム長が去っていくと思わず身震いしました。

チョルミンはかつてお世話になっていたボクシングジムに向かいます。
館長に今までの非礼を謝罪しますが、館長の怒りは収まらず許してはくれませんでした。
兄貴分はチョルミンを励まそうとジムの皆にチョルミンの過去の経歴を誇らしく紹介するものの、チョルミンは気落ちしたままです。
かつての対戦相手テシクに一戦付き合えと言われるも、それも断ります。
館長にボクサーじゃない奴は出て行けと言われると、頭を下げ出て行きます。

【チョルミンとジョンファの関係の進展】

ある夜の帰りにジョンファが名乗り、私達の挨拶だと言って手を差し出すと、チョルミンはおずおずと手を握り返します。
チョルミンの手が固い事に驚いたジョンファは仕事は何をしているのかと尋ねますが、
チョルミンは慌てて手を引っ込めてしまいます。

翌日の帰り際、ジョンファは車のクラクションに驚き側にあったビールケースを倒してしまいます。
チョルミンは破片が飛び散り危ないからと慌てて駆け寄りジョンファを抱き起しますが、ジョンファは足を捻挫していました。
チョルミンはジョンファを病院に連れて行きます。

帰りの電車で名前を聞かれると、ジョンファは思わず「ジョン・マルセリーノ」と答えます。

歩くのが辛そうなジョンファをおんぶして家まで送ると、お礼にとコンサートのチケットを渡されたチョルミン。
行く人がいないと断ると、ジョンファはわたしが一緒にいってあげると提案し、デートの約束をします。

【ドキドキのデート当日】

ジョンファは美容院に行き、化粧をしてお洒落なワンピースを身に纏い、チョルミンの迎えを待ちます。
迎えに来たチョルミンとコンサートを楽しみ、かつて”愛した人”と来たお店で食事をしようと誘います。

チョルミンは食事をしながら自分の生い立ちについて話しだします。
かつては彫刻を学んでいたこと、見ていたものが思い出せないこと。
そして愛した人とは父親で、父の顔も思い出せなくなっていくこと。

チョルミンは黙って聞いていたが、自分の過去について質問をされ戸惑います。
かつて何をしていたのか、それには答えず質問をはぐらかすチョルミンは、あなたが毎日なにを食べているのか分かると言ってジョンファを傷つけてしまいます。
目が見えないために食事を溢してしまうことを指していたのです。

家まで送ってもらったジョンファは迷惑をかけたことを謝罪し家に入ろうとします。
その背中にチョルミンは話し出します。
自分は30歳で、かつてはボクシングをやっていたこと。昔は悪い奴だったが今はそうじゃなく、ただ不器用な人間だということ。
ジョンファは話を聞き終えるとそっと家に入って行きました。

【デート後の二人】

仕事をしていたジョンファはチーム長に呼び出されます。
そして誕生日プレゼントを手渡され戸惑っていると、肩を抱かれ食事に誘われます。
ジョンファは慌てて席を立ち逃れました。

その頃チョルミンは再び場所を変え館長と会っていました。
そして重い口を開き話したのは、いなくなった4年3か月もの間刑務所にいたということ 。取り立てという悪い仕事をし、ボクシングをしていた拳で人を殴っていたということ
でした。

チョルミンは最後に取り立てをした男の入院先を訪れます。
介抱をするシスターに「ジョン・マルセリーノ」という洗礼名を変えることはできないのかと尋ねますが、名付け親として変えるつもりはないと言われます。
シスターにあげる人はいるかと手渡されたカチューシャをチョルミンは受け取りました。

一方で帰宅したジョンファの家の前でチーム長が待っていました。
怯えるジョンファを無視してチーム長は勝手に家に上がり込みます。
飲み物を出したジョンファは奥さんの元へ帰るように言いますが、チーム長は殴ったら離婚を言い渡されたと話します。
チーム長は自分が渡した誕生日プレゼントの箱を開けると、中のネックレスをジョンファにあてがいますが、怯えたジョンファの手がチーム長の顔に当たり傷をつけてしまい
ます。
激高したチーム長に殴られ、怯えて逃げるジョンファ。そこにチョルミンがやってきて
チーム長を殴りつけます。

チーム長が逃げ帰った後、ジョンファは仕事がなくなると殴ったチョルミンを責めます。
チョルミンは自分が助けると言いますが、ジョンファは惨めになるだけだと涙を流し、
帰るように促しました。
チョルミンは持ってきたカチューシャを机の上に置くと、黙って部屋を後にするのでした。

【ジョンファの心境の変化】

ジョンファが心配でこっそり見守っていたチョルミン。
駐車場のアルバイト中もジョンファが現れないかと外を気にしていました。

ある日駐車場に行くとジョンファがおり、仕事を辞めて気分が落ちているのでどこか連れてって欲しいと頼みます。
いつも通りの明るいジョンファのようでした。

約束の日、家に迎えに行ったチョルミンはジョンファに犬を手渡します。
一人でいないようにと、大きくなったら盲導犬にすればいいと。

ディンゴと名付けた犬も連れて、向かった先は草原でした。
チョルミンは施設で育ったこと、そして帰る場所であった施設が洪水で沈んでしまったことを話します。
ジョンファとチョルミンはお互いに拾った石を離れていても側にいるようにと交換します。
そして二人は手を握り合いました。

【二人の生活】

チョルミンはお金を稼ぐために館長の元を訪れ頭を下げ、格闘技の練習を始めます。
そしてジョンファが来ても安全なように段差を取り除き、机の角を削り、日差しが差し込むように窓を変え家をリフォームします。
そしてジョンファを家に招くと、ジョンファはチョルミンの顔を見るために顔を撫で、二人はキスをしました。

そこから二人の幸せな同棲生活が始まりました。。
ジョンファは本でマッサージを覚え、ボクシングで疲れたチョルミンを労います。
チョルミンは格闘技の試合に勝利しました。

そこに現れたのはかつての対戦相手のテシクでした。
金で移籍したテシクは正式リーグで戦おうとチョルミンに告げ、去っていきます。

ジョンファはチョルミンを子供の日だからと誘い出します。
両親の命日だったその日にチョルミンをお墓に連れて行ったのです。
そしてそこでジョンファは事故の日の話をします。
雨が降る中ジョンファが運転する車で両親と出かけ、ビルから炎に包まれた人が落ちてくる光景に注意をひかれ、トラックとぶつかり事故が起きたこと。

その話を聞いてチョルミンは思い出します。

最後の取り立ての日、目を離した隙に男が油を被り窓際に座っており、火をつけて飛び降りてしまった。
慌てて掴むも炎に煽られ手を放してしまい、男は落下、その下で事故が起こっていたこと。
その事故でジョンファは両親と、視力を失ったことに気づいたのでした。

【ジョンファの失われていく視力】

ある日チョルミンが帰宅するとジョンファの姿がなく、病院に行きます。
医師の説明を聞くと、ジョンファの角膜の症状が悪化しており、上手く光を感じ取れずに怪我をしたようです。
このままでは1ヶ月以内に完全に失明する、あとは角膜の移植手術しかないと伝えられたのでした。

それを聞いたチョルミンは、テシクにお金を借りに行きます。
テシクは受け入れますが、その代わりに仕事があると持ち掛けます。
それは自分だけでなく家族や恋人にも危険が及ぶかも知れない危険なものでした。
チョルミンは受け入れ、自分の身分証などを全て燃やし、兄貴分にもしもの時はと頼み、手術を受けるジョンファを見送ります。

ただ君だけを無料で観る方法?

ネタバレを読みたくない!

そんなあなたのために、映画 ただ君だけを無料で観る方法があるんです。

それが動画配信サービスU-NEXTを利用する方法。

無料お試し期間を利用することで、

完全無料で観ることが出来るわけですね!

無料で済ませるための流れ

興味のある方は下記から、無料お試し特典を受け取れるのでどうぞー。

【韓国映画「ただ君だけ」ネタバレ】


出展:https://eiga.com/

【テシクの用意した仕事】

チョルミンは「キム・ハクソン」という偽名でタイに入国します。

テシクの用意した仕事とは、裏で行われているどちらかが気絶するか死ぬまで続けられ る試合でした。
対戦相手はここまで何人もの相手を殺してきた相手です。
賭けをする見物人が見る中、檻のような場所に入り鍵が閉められ、試合が始まります。
対戦相手に何度殴られても食らいつき、チョルミンは勝利を収めます。

試合が終わると追加報酬があると、ダイヤの運搬を頼まれます。

運搬の道中病院に電話をかけたチョルミンは、ジョンファの手術が成功したことを知り喜びます。
そして依頼主に電話をかけると、走ってきた車に跳ねられ、乗っていた男たちにナイフで刺されてしまいます。
瀕死のチョルミンを尻目にダイヤの入った鞄を持ち、車に乗って去っていくその車内から見ていたのはテシクでした。

【手術後のジョンファ】

チョルミンが戻らないことに不安を覚えたジョンファは警察で捜索願を出そうとしますが、警察には取り合ってもらえません。
家で待つように言われたものの、再開発工事のために引っ越しを余儀なくされてしまいます。
引っ越しの日届いた荷物にはカチューシャが入っていました。

荷物の住所の場所を訪れると、男性が入院しており、その男性はチョルミンから話を聞いていたと言います。
男性は自分がこうなったのは5月5日、雨が降っていた日で、ジョンファの交通事故と同じ日だと話しました。
それを聞いたジョンファは驚き、チョルミンもまた気づいていたのだと気づき、涙を流します。

【2年後のジョンファの生活】

ジョンファは自分で作った陶芸品の販売と、病院でのマッサージのボランティアをして生活していました。
病院のボランティアに訪れると、そこには転院してきていたチョルミンの姿が。
ジョンファに気づいたチョルミンは驚きますが、ジョンファは名前も違い、筋肉も落ちてしまったチョルミンに気づけませんでした。
マッサージを終えジョンファが去ると、チョルミンは静かに涙を流し、握りしめた手からは二人で交換したあの石が転がり落ちました。

退院したチョルミンはジョンファの店を訪れます。
ジョンファは不在で、チョルミンは夜来香を購入すると自分で飼っていた亀も持ち店を後にしました。
店を出ると、ディンゴがチョルミンに飛び掛かります。
ジョンファは送ることを申し出ますが、チョルミンは立ち去ってしまいます。
店に戻ったジョンファは亀がいないことに気づき、先程の男性が夜来香を購入したこと、ディンゴの様子から彼がチョルミンだったと気づきます。
慌てて町中を探し回りますが見つけることができません。

ジョンファは二人で訪れた、チョルミンの施設があった草原に向かいます。

チョルミンが草原を訪れると、そこには机が置いてありました。
机に打たれた点字をなぞっていると、そこにジョンファが現れます。
「あなたの顔だけが見ていたかった」と言い、涙を流すジョンファ。
チョルミンの顔に触れると、二人は抱き締め合い、チョルミンは「愛してる」と告げました。

【ただ君だけを見終わっての感想】

元ボクサーで陰のある青年と、事故で視力を失いながらも健気で明るい女性。
チャップリンの名作と言われる「街の灯」をモチーフに作られた作品で、負けないくらいの名作に仕上がっていると思いました。

ジョンファの明るさがチョルミンの心を解き解していく様子、そして引き出されるチョルミンの本来の優しさがとても胸に刺さります。

ジョンファの目が見えない恐怖、そして目が見えるようになることへの恐怖も、また上手に表現されています。

チョルミンが起こした行動の重さ、そしてその決意、待っているジョンファの健気さ、強さ。
本当の愛とは何なのかを考えさせられる作品でした。

この記事を読まれた方はこんな記事も読まれています



スポンサーリンク

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

ブログ更新情報をTwitterで配信中

トップへ戻る