プラウド・メアリー|あらすじ/ネタバレ/感想を網羅!

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

2018年公開のアクション映画「プラウド・メアリー」のあらすじと感想です。

殺し屋メアリーは、ある任務によって少年・ダニーを孤児にしてしまったことを後悔しながら、
影からダニーを見守っていました。
しかし、ダニーを守るためにとった行動が、組織間、果ては、組織内の抗争を引き起こしてしまいます。
メアリーはダニーを守りぬくことができるのか?
メアリーの正体を知ったダニーは、彼女を受け入れることができるのか?

出展:https://eiga.com/

【きっかけとなる任務】

ある組織に属する女殺し屋、名前はメアリー。
今回の任務は、賭博の元締めであるミラーを始末することです。

難なくミラーを始末したメアリーですが、彼には幼い息子・ダニーがいることを知り、動揺します。
子供には手をかけないというポリシーを持つ彼女は、ダニーに気づかれないように、部屋を後にしました。

1年後。
ダニーは、麻薬組織のメンバーであるアンクルのもとでドラッグディラーをしています。
仕事を終えて防波堤で休憩するダニー。そんなダニーの背中を遠くから見つめるメアリー。

アンクルの元に戻ったダニーは、態度に難癖をつけられ殴られます。
ダニーが外のベンチで体を休めていると、スリにリュックを奪われてしまいます。
何とかリュックを取り返したダニーですが、路上で気を失ってしまいました。

【メアリーとダニーの再会】

ダニーが目を覚ました場所は、メアリーの部屋でした。
ダニーを遠くから見ていたメアリーが、思わず保護したのです。
ダニーがアンクルから虐待を受けていることを知り、メアリーはアンクルのもとへ向かいます。

コズロフの組織のメンバーであるアンクルを、メアリーは知っていました。
ダニーの解放を交渉するために向かったはずが、
ダニーを道具としか思っていないアンクルの態度に怒り、アンクルを射殺してしまいます。
メアリーは、行き場を失ったダニーをかくまう事にします。

【組織間の抗争、ダニーを守るために策を練るメアリー】

メアリーの組織で、アンクル殺害について話し合いが行われていました。
コズロフは、メアリーの組織による犯行だと疑っていますが、メアリーが犯人とは知られていません。

メアリーの組織のボス・ベニーは、揉め事を避けたい考えで、後日コズロフと話し合うことに決めます。
ベニーの息子・トムは、報復される前にコズロフを襲撃したい考えでした。
メアリーは、事態を収拾する策を巡らせます。

翌朝、自室に入るなという言いつけ破ったダニーを叱るメアリー。
部屋で大量の銃を見つけたダニーは、仕事は何なのかと聞きますが、
メアリーは、警備の仕事をしていると嘘をつきます。

ダニーの身を案じ、外に出るなとメアリーは言いますが、ダニーは真面目に取り合いません。
言う事を聞かせようとメアリーがダニーの胸倉を掴むと、ダニーは殴るなら殴れと吐き捨てます。
心配から出た行動がダニーを怯えさせたと反省したメアリーは謝り、優しく胸元を直します。

組織同士の話し合いが行われました。
コズロフは、メアリーの仲間・ウォルターを疑っています。
話し合いの後、誰が犯人であるにせよウォルターを始末すれば良いと、メアリーがベニーを説得します。
事態を丸く収めたいベニーは、メアリーにウォルターの始末を命じるのでした。

【ダニーへの思いを強くするメアリーと、心を開き始めるダニー】

メアリーがダニーを連れて公園へ出かけます。
ウォルター殺害の計画を立てるため、ウォルターの家の近所にある公園に出かけたのです。

アンクルは消えたとメアリーから聞くダニー。
ダニーは、方法はわからないながらも自分を救ってくれたメアリーに感謝します。
他愛ない会話を交わし、2人は打ち解けていきます。

ダニーはメアリーをお気に入りの場所へ連れて行きます。
その場所とは、メアリーが、いつもダニーの背中を見つめていた防波堤でした。
ダニーが、母親との思い出や、父親が死んだ後の1年の話を打ち明けます。
メアリーは涙を堪えながら、その話を聞きます。

翌日、ジョギングに出かけたウォルターを、メアリーは暗がりで射殺しました。
一方その頃、ベニーのアジトが襲撃されます。

【ダニーのことを嗅ぎまわるトム、激化する抗争】

アジト襲撃の件を伝えるため、メアリーの部屋を訪れたトムは、ダニーと鉢合わせします。
ダニーは、トムとの会話から、メアリーの仕事を疑い始めます。
メアリーに連絡するよう言い残し、トムは部屋を出て行きました。

部屋に戻ってきたメアリーに対して、ダニーはよそよそしい態度をとります。
不信と不安から出た態度でした。
ダニーを守りたい一心のメアリーも感情的になり、ダニーを突き放す態度をとります。
しかし、寂しげなダニーの表情を見たメアリーは、ダニーを抱きしめ、
「大事なのはあなたと私、二人だけ」と言い聞かせます。

アジトへの襲撃はコズロフの仕業でした。
コズロフは、アンクル殺害を口実に、ベニーの組織を潰すつもりだったのです。
ベニーは、トムとメアリー2人に、コズロフのアジトを襲撃するよう命じます。

メアリーの部屋に居候しているダニーに興味をもったベニーは、
妻の誕生日パーティに連れてくるよう言いました。

ダニーから、トムとの関係を聞かれたメアリーは、身の上話をします。
父親の虐待や路上生活を経てベニーに拾われたことを話すと、ダニーはメアリーに共感を抱きます。
孤独な境遇であるという共通点が、また少し、2人の距離を近づけました。

【組織を抜ける覚悟をするメアリー、逆上するトム】

誕生日パーティの日。
ベニー達にダニーの素性を知られてはまずいメアリーは、ダニーの出生や家族について嘘を言わせます。
ベニーと2人きりになったメアリーは、組織から抜けたいとベニーに告げますが、返事は保留されます。

ベニーは、ダニーの嘘を信じましたが、トムはダニーの素性を調べ上げていました。
殺しの事件と組織が結びつく危険があるから、ダニーを手放すよう言います。
トムは、元恋人であったメアリーに未練があり、復縁を迫ります。
しかしメアリーは、組織との決別とダニーとの自由な生活を、心に決めていたのでした。

翌日、ベニーとダニーが接触することにより、素性がバレることを恐れたメアリーは、
私に何かあったらお金をもって逃げるように、ダニーに約束をさせます。
ダニーにいい人生を送って欲しいのだと、真剣な表情で告げました。

コズロフのアジト襲撃の日、組織を抜けることを黙っていたメアリーに、トムは憤慨し、
険悪な雰囲気のまま、襲撃を開始します。
襲撃は成功しましたが、メアリーは負傷してしまいました。
庇おうとするトムを、メアリーは拒絶します。
拒絶された腹いせに、トムは、ベニーにダニーの素性を話してしまいます。

メアリーの傷を見たダニーは、2人で逃げようと懇願しますが、
メアリーは組織から抜けるのは無理だとうわごとのように呟き、気を失うように眠ってしまいました。
ダニーは決心し、ベニーに会いに行きます。

【メアリーを守るためにダニーがとった行動と、その結末】

メアリーを組織から解放しろと、ベニーに銃を向けて迫るダニー。
ベニーはダニーを軽くあしらい、父親殺しの犯人がメアリーであると告げてしまいます。

そこへメアリーが乗り込んで来て、ダニーを車に逃がしました。
ベニーは組織を抜けることを許さないどころか、ダニーも組織に入れるように言います。
ベニーの支配から逃れられないと悟ったメアリーは、ベニーを射殺します。

メアリーが車に戻ると、ダニーの姿がありません。
ダニーが行くのはあそこしかないと、車を走らせるメアリー。
ベニーの死を聞きつけたトムは、ダニーとメアリーが関係していることを知ります。

ダニーはいつもの防波堤にいました。
メアリーの告白を聞いたダニーは、孤独だった自分を、彼女がずっと見守っていてくれたことを知ります。
自分を憎んでもいいから、ダニーのことを守らせてほしいと言うメアリー。

マンションに戻った2人ですが、ダニーは拉致されてしまいます。
メアリーは単身、トムのもとへ乗り込みます。

【クライマックスのアクションシーン、メアリーとダニーの行方】

ダニーが捕らわれている倉庫へ乗り込むメアリー。
車を暴走させ、銃を乱射し、かつては自分の仲間であった男たちを次々と撃ち倒します。

倉庫の内部へ侵入し、捕らわれているダニーの姿を見つけます。
ダニーを逃がし、トムと対峙するメアリー。

トムが「俺たちは家族だ」「お前は母親向きじゃない」と言います。
メアリーは「私はダニーと一緒に出て行く、二度と戻らない」と、銃を構えるトムに背を向けます。

行くなというトム。無視して、立ち去るメアリー。
メアリーの背中に向けてトムが発砲します。

その弾を交わし、メアリーは振り向きざまにトムを撃ちます。
倒れこんだトムに「私は母親向きなのよ」と最後の言葉を浴びせ、さらに一発撃ちこむのでした。

メアリーが倉庫から飛び出し、ダニーの名前を叫びます。
どこかへ姿を消してしまったのか、不安げに名前を叫び続けるメアリーの前に、ダニーが姿を現します。
ダニーから抱きつかれたメアリーは、受け入れられた安心感から笑顔を見せ、2人はきつく抱き合うのでした。

口うるさい母親、生意気な息子のように冗談を言い合いながら、弾痕の残った車を走らせます。
メアリーとダニー、2人だけの新たな生活が始まります。

【映画 プラウド・メアリー の感想】

家族愛色強めのアクション映画です。
ラストを際立たせるための構想だと思いますが、アクションシーンは、クライマックス以外は抑え目です。

保護された直後には、メアリーに毛布をかけられていたダニーが、
メアリーに毛布をかけベニーに立ち向かっていくシーンは、ほのかにジーンときました。
ダニーが父親の仇であるメアリーを受け入れる過程は、ちょっと感情の描写不足を感じましたが、
メアリーの愛をそれだけ強く感じ取ったということなのかな、と思います。

ただ、ラストの、メアリーとダニーの抱き合うシーンが長すぎて、
何かどんでん返しあるんじゃないか!?早く逃げて!と、若干ハラハラしました。

丁度いい感じにクスリとできて、ジーンときて、爽快感ある映画です。
ランニングタイム89分と短いので、サラっと観たい人にオススメです。

この記事を読まれた方はこんな記事も読まれています



スポンサーリンク

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

ブログ更新情報をTwitterで配信中

トップへ戻る