【辞表、甘え、TOKIOは無くす】TOKIO記者会見で感じたこと。メンバーの痛烈な山口達也批判。その裏に感じた思い。

「この内容を他の人にも」という方は是非シェアを

記事をお読みいただき、ありがとうございます。

5/2、

GWの真っ只中に、

TOKIOのメンバーによる記者会見が開かれました。

そこで発せられた、TOKIOのメンバーの発言をまとめ、

そして、それに対して感じたことを皆さんにお伝えしたいと思います。

TOKIOメンバーからの痛烈な発言

「彼の甘ったれた意見はどこから生まれるものなんだろうと正直、思いました」

「自分が崖っぷちではなく、自分が崖の下に落ちていることに気づいていなかったと思います」

「甘えの根源がTOKIOだったとしたら、自分の意見ですけど、そんなTOKIOは1日も早くなくした方がいいと思います」

いずれも記者会見時に、

TOKIOのメンバーから出た発言です。

これを聞いたときにみなさんはどう感じましたか?

「そこまで言わなくても。。。」

でしょうか?

「そのくらいハッキリ言われて当然だ!」

でしょうか?

私が思ったこと、

それは、

「山口達也は幸せだな」

です。

山口達也に対するメンバーの思い

山口達也は確か、40代後半、

46歳でしたでしょうか。

その年齢前後の方にお聞きしたいのですが、

もし、

本当に仮定として、

ご自身が世間に顔向けできないようなことをしてしまった

とします。

本当に仮定です。

そんなときに、

代わりに公の場で謝罪をしてくれる人はいますか?

あなたを見捨てるという選択は出さずに、

あなたと付き合いを止めてしまうという選択は出さずに、

どうすべきか一緒に話し合ってくれる人はいますか?

40代にもなってしまうと、

大抵は家庭を持ち、

そちらを優先することで、友人との関係は希薄になることが多いでしょう。

仕事仲間との関係も、今の時代はビジネスライクなドライな関係というが多いかと思います。

そんな時代に、

ここまでしてくれる人が、

周りに4人もいる。

それがどれほど幸せなことか。

その点に関して、

本当に山口達也が羨ましいと感じました。

山口達也にはまずそれを自覚してほしい、

そう感じました。

今後のTOKIOの活動

ここまでは、

山口達也への痛烈なコメントのみを抜粋しましたが、

もちろん各メンバーから、

被害者の方、

そして関係者の方々への謝罪コメントも、もちろんありました。

そして、

記者会見の中で、

「番組継続、色んなお仕事継続という声をいただいている」

という発言を聞いたときに、

やはりTOKIOの今までの活動の人徳ゆえに成せることなんだろうな、

と感じました。

「辞めるのは簡単だが、今4人が出来ることは何なのか。与えられたことをきちっとやることがプロなのではないか。」

という旨の発言があったことから、

おそらく4人での活動は継続するのでしょう。

今後はNHKの番組はおそらく打ち切り、

他局の(山口以外のメンバーが出演している)番組は継続となるのではないでしょうか。

後輩中丸雄一さんが語ったコメントについての記事はこちら。

【山口達也へKAT-TUN中丸雄一の本音】「TOKIOに戻りたいというのは不適切」【シューイチ】
いま世間の話題を一身に集めている山口達也。 その事務所後輩にあたるKAT-TUN中丸雄一さんが、山口達也メンバーに対する思い、記者会見を見て感じた本音を、おためごかし一切無く、発言しています。 その内容をまとめました。

まとめ

記者会見が終わったときに思ったこと。

それは、

やはりTOKIOにはこのまま活動を継続してほしい。

ということです。

山口達也が辞めるか、

復帰するのか、

正直、それはもうどうでもよいです。

そんな風に思ってしまいました。

被害者、関係者に謝罪を行なったうえで、

他の4人のメンバーに迷惑をかけないような選択をするならば、

どうでもよい、

というように興味が段々と無くなりました。

それよりも、

他の4人を強く応援したい、

今の番組を継続するならば欠かさず観て応援したい、

そんな風に思いました。

城島さん、国分さん、松岡さん、長瀬さん、

頑張ってください。

応援しています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

猫好きkage
この記事を気に入っていただけたならば、

よろしければ、↓の猫画像(ブログランキング)をポチっと押していただけると!

ポチっと押していただけるだけで、めちゃめちゃ喜びます!

トップへ戻る